FC2ブログ











ラウンド(島松)で気づいたこと・・・

先日のラウンド(島松)で気付いたことを備忘としてランダムに・・・。

・ボール
 この日は、今年に入ってエースとしたタイトリストAVXに戻してラウンド。
 SWのアプローチで今回改めてわかったのが、そのスピン性能。
 北海道GCでのラウンドで、ビタビタ止まっていたので、現SWの性能かと思っていたが、
 その後のラウンドでボールを「TOUR B」系にしたときには、そこまでは止まっていなかった。
 今回で、改めて、いや、本当はボールの性能ではないか、ということに気付く。
 飛距離か、スピンか、といってもそれほどのレベルではないが、
 元々飛ばないで寄せてスコアを作る自分のタイプを生かすなら、スピンを生かしたほうが・・・、
 と考える次第
  

ドライバーのシャフト
 ・ディアマナRF50(SR)を交換用として入手したが、練習(試打)では微妙に「・・・」。
  それだけオリジナルのALTA J CB RED(SR)が合っていて良いシャフトとも言えるかも。
  でも、一度はラウンドで試してみて、それからでも判断でもよいはず。


フェアウェイウッドのシャフト
 ・オリカのラウンドでは、驚くほど方向性も良く、飛距離も自分の思った以上に前にあった。
  しかし島松では、ミスではないが、しっかりミートした球ばかりか、というほどでもなかった。
  これは意外。ここでも、オリジナルのALTA J CB RED(S)が良いのかもしれない、と感じた次第。
スポンサーサイト



バンカーショットに光明・・・月刊GDより

躊躇せずに振ること。
ヘッドを走らせて振ること。
バウンスを地面に当てることを意識。
これぐらいを意識して振れば出るように思う。
あまり考え過ぎてはダメ。

池田バンカー4池田バンカー5
池田バンカー1池田バンカー3

グリップ時の左親指に悩む・・・指を痛めないために備忘として

「右手のゴルフTV」から。
松山プロや丸山プロのようにならないように・・・(泣)
グリップ左親指2グリップ左親指1

グリップ左親指3グリップ左親指4

(記事とは全く関係ありません)
いちい寿司

またまたグリップを再点検・・・45GOLFより

最近、左親指の付け根が痛くなることが偶にある。
飛ぶようになったのは良いが、何か無理があるに違いない。
これはマズイ・・・

母子CM関節症にならないように気を付ける。
以下の2つに注意。
 ・トップで左親指にシャフトを乗せる。
 ・左親指でシャフトを押さえつける。
解決策として、左の小指、薬指、中指でしっかりグリップすることに留意する。

そしてまた基本に戻る。

自分の骨格に合った状態でまず握る。
片山晋呉グリップ基本

指の間の隙間は作らない。
片山樋口グリップ4片山樋口グリップ7

左は隙間を作らないグリップ。右は隙間有り。
片山樋口グリップ5片山樋口グリップ6

何かおかしいと思ったら・・・

先日のラウンドで、途中まで5Wが当たっているのにあまり飛んでいない、イメージが違う・・・、という感覚。
よく見たら、「+」になっていた。これは1度ロフトを増やす状態。
「○」(スタンダードロフト、17.5度)のつもりだったのだが・・・。
修正したとたん、ナイスショットが・・・。ロフトが増えているならより当たるはずだが、メンタル的なものか・・・。
それとも、フェイスの見え方か・・・。
競技ではないので途中変更は構わないが、自分の感覚は信じたほうがよいのかもしれない。
カチャカチャにして、初めての経験
カチャカチャ○カチャカチャ_

現状を代弁したような記事を発見・・・

月刊GD最新号で、今シーズンに変わった自分のコンパクトスイングの説明を解説してくれているような記事を
偶然にも発見。

有村プロが
「テイクバックで右に体が動き過ぎていたため、インパクトで一番力が入るポイントまでに、
ヘッドが戻り切っていなかった」それによって、「ボールに力が伝わっていなかった」
と表現。

今までの自分のスイングで気付いた点は、この表現そのままの実感だ。
右への移動を抑えて「強く振らなくても、今までの最大速度が出た」。
これも変更後の実感そのもの。
間違った体重移動に気付いた、とでも言ったら良いのか・・・。
 月刊GD8月1月刊GD8月2

また、或るクラチャンの記事も・・・。
「左右に動き過ぎると軸がブレ、ショットの精度が落ちる。」
「無理に肩や腰を回し過ぎると、体が起きて前傾が維持できず、ショットが安定しない」
要は振り回せば振り回すだけ、どんどん飛ばなくなる。
自分の許容範囲に気付いて、その範囲で脱力してコンパクトに振ることが、
実は方向も安定し飛距離も出る、ということだ。
 月刊GD8月4月刊GD8月5

痛い?痛くない?

まずは続けてみよう・・・。
ツボ板