FC2ブログ











TN決戦第4戦・・・舞台は札幌国際カントリークラブ島松コース

TN決戦第4戦の舞台は、島松。ただ天気予報はずっと雨の可能性も
気温は急に寒くなり、ほとんど15度程度
0913島松10913島松朝

今シーズンから島松は、ゴルファーはカート(リモコン)に乗り、クラブはカートに乗せない。
キャディさんは自走電動カートでクラブを運ぶスタイルに。これが意外に合理的で疲れない?
0913島松B1番2
回るのは、Bコース➡Cコース。
まずは、Bコース。ボールはタイトリストのAVXに戻す。
1番、393Y、PAR4 7(3)
 0913島松B1番10913島松B1番3
 ・いきなりトリプル。昨日からの雨でも全く変わらない素晴らしいグリーンの洗礼にあい3PT。
 ・N氏は左林に打ち込み、T氏は高弾道ドライブでスタート。グリーン上では、もう一人の見届け人F氏が
  T氏の微妙な残りパットを「OKこの1打が最終的に影響が出るか???

2番、194Y、PAR3 4(2)
 ・19度UT(花道)、SW(5m前オン)、2PT。1stPTは惜しかった・・・。
 ・T氏は左崖下まで落としたが、ナイスリカバリーで何とかダボで収める。

3番、368Y、PAR4 5(1) FW
 ・DR(FW)、5W(左ラフ)、9鉄(花道)、PW(オン)、1PT。
 ・T氏はナイスショットだったがバン入などで苦戦、N氏は2オンしたがパー成らず。

4庵、351Y、PAR4 (1) FW
 ・DR(FW左)、19度(花道)、SW(上1mオン)、1PT。
 ・T氏、N氏とも2オンしたが、パー成らず。

5番、340Y、PAR4 6(3) FW
 ・DR(FW左)、22度UT(花道惜しい)、9鉄(1.5オン)、3PT
 ・T氏は右ラフ、N氏は飛び過ぎて左林。どちらもダボ

6番、555Y、PAR5 9(2) FW
 ・FWキープしたが、5Wを続けてダフり、G近くのラフでもSWをダフり、7オン・・・
 ・T氏も左林、右林など乱れ、G近くでもダフってしまい「噴火」。N氏はボギーで収め、
  この時点で5打差とN氏がリード。

7番、136Y、PAR3 (2)
 ・7鉄ギリ1オン、2PT。
 ・T氏はG手前バン入、しかしナイスバンカーショットでOKに寄せ砂イチパー、N氏も1オン2PT

8番、305Y、PAR4 5(2)
 ・DR(右ラフ)、26度UT(花道)、SW(オン)、2PT。
 ・T氏が痛恨の左OB、また差が開いてしまう。

9番、471Y、PAR5 (1)
 ・DR(左ギリラフ)、19度(FW)、19度(花道左ラフ)、SW(1m上にスピンで止まる)、1PT。
 ・T氏、N氏とも3オン2PTでパー

前半Bコースは、パーが3つだが、1番のトリと6番の「9」が痛く、17PTの48。
昨夜からの雨を想起させないくらいの素晴らしいコンディション、特にグリーンは雨に関係無く速くて
T氏はDRが少し乱れ、N氏に7打差の大量リードを許してしまう
しかし9番では素晴らしいショットで後半の反撃を予感させ、そのままCコースへ。
ただここへきて、少し雨が降り出し、傘を差したり閉じたりのラウンドへ。

1番、399Y、PAR4 5(2) FW
 ・DR(FW左)、5W(FW)、PW(3.5m手前オン)、2PT。
 ・T氏は右林に打ち込み、前の木にも当たる不運もあり、ナイスパーのN氏と差が広がる。

2番472Y、PAR5 6(2)
 ・DR(右ラフ)、19度UT(FW)、5W(花道)、SW(4mにオン)、2PT。
  ラフから考えたマネジメントが出来た。
 ・T氏は今日イチの当りでパーを奪取、反撃開始へ。

3番、150Y、PAR3 (1)
 ・22度UTで花道、PWで3mに寄せ、これを入れてパー。
 ・T氏は左斜面から素晴らしいアプローチでパー奪取差を縮める。

4番、343Y、PAR4 5(2)
 ・FWはキープできなかったが、19度UTでFWに戻し、ボギー。
 ・N氏が2オン、4mをねじ込みバーディー奪取N氏も反撃を許さない・・・。

5番、390Y、PAR4 5(2)
 ・ここもラフから6鉄でFWに戻し、8鉄で右前5mオン、惜しくも2PT。
 ・T氏はハイドローでFW真中、アプローチでピンに当てカップに入りかけたがこぼれてしまいパー。
  惜しくもチップインバーディーを逃す。

6番、161Y、PAR3 (1)
 ・22度UT(トップして手前カラー)、外PTで寄せパー
 ・T氏は右赤杭へ打ち込んでしまい大噴火。ここでとうとう「終戦」宣言・・・

7番、298Y、PAR4 5(2) FW
 ・DR(FW真中)、6鉄(引っ掛けG左ラフ)、SW(1.5m前オン)、2PT。惜しくもPT外す
 ・終戦宣言後のせいか、T氏は連続して残念な噴火、N氏はラフから2オンさせてナイスパー

8番、504Y、PAR5 6(1)
 ・DR(左ラフ)、5W(FW右)、5W(ゴロ、FW)、7鉄(G砲台坂途中)、PW(1.2mオン)、1PT。
  しぶとくボギーで収めるこのあたりが少し成長か・・・。
 ・T氏はナイスロングドライブN氏も2打目、3打目をリカバリー。

9番、387Y、PAR4 5(2) FW
 ・DR(FW真中)、5W(少しダフりFW左)、PW(3m上オン)、2PT。
 ・最終ホールは両者とも飛ばし合い。T氏は左ラフ、N氏はFW真中だが次を力んで、
  このホールは同スコアで「終戦」。

後半は、15PTの43。トータル32PTの91。
寄せとパットでしのいだラウンド、しかし飛ばない自分としては、まあまあ納得のラウンド。
雨が降ったり止んだりの時もあって、慌ただしくて、残念ながら動画を撮れなかったのに悔いが残る・・・
終わっても、気温はあまり変わらず。

この寒さの中でのTN熱戦は、結果的には大差がついてしまったが、次戦はT氏の「庭」。
リベンジが期待される・・・
 0913島松ラウンド後
スポンサーサイト



想像以上に暑さにやられる・・・オリカゴルフ倶楽部

恒例となったオリカゴルフ倶楽部。
ただこの時期でも毎年暑さにやられる。確かに到着時はまだよかったが、蒸し暑さがラウンド中から増す。
一週前は確かここが北海道で一番暑かったこと(35℃?)を今になって思い出す。
午前中雨だったせいか、FW走行は禁止。
 オリカ2オリカ3
 オリカ1オリカ4

アウトスタート。
1番383Y、PAR4、(1) FW   
 オリカ1番
 ・DR(IP旗前FW)、19度UT(花道左ラフ)、SW(上1.5mオン)、1PT

2番478Y、PAR5、6(2) FW  
 ・DR(左斜面落ちて下ラフ)、5W(左ラフ)、22度UT(花道)、PW(1ピン前オン)、2PT。
 ・寄せたのにPT入れられず

3番286Y、PAR4、5(2) FW
 ・DR(FW真中)、5鉄(開いて右B前ラフ)、SW(左3.5mオン)、2PT。
 ・ここもカップ縁で止まる。

4番163Y、PAR3、(1)
 ・19度UT(Gギリギリ前)、9鉄(30cmOK)、1PT。
 ・ピン一番奥、乗らなかったが何とか寄せてパー。
       
5番340Y、PAR4、(1) 
 ・DR(右ラフ)、5W(花道右ラフ)、SW(ダフリオンのみ)、1PT。
 ・8mを真っ直ぐ強め、1PTパー。TOUR B XS(日本製)は真っ直ぐ転がる

6番338Y、PAR4、6(2) B
 ・DR(左B)、22度UT(頭叩きで出ただけ)、PW(G左カラー)、9鉄(右1.2mオン)、2PT。
 ・5鉄でなく22度UTでBに挑戦したが失敗1.2mも外してしまう
 ・いつも通りフェアウェイバンカーは「5鉄でトップ」に徹するべき。

7番382Y、PAR4、5(1) FW
 ・DR(FW真中、ランゼロ)、5W(先の木に当たり下ラフ)、PW(Gオーバー)、
  PW(G壁に当て30cm)、1PT。
 ・午前中までの雨で、ランが出ない。3打目もレーザーが100Yと出たがカートでは80Y。レーザー焦点ミス。
 ・G外からのアプはPWで坂の壁に当て勢いを殺し、ピタリに寄せた。
 オリカ7番ME⇚クリックで動画へ   オリカ7番家人⇚クリックで動画へ
  
8番161Y、PAR3、(1)
 ・5鉄(ダフりG前ラフ)、SW(左奥2mオン)、1PT。
 ・情けないダフり。何とか寄せて入れる。
 オリカ8番ME⇚クリックで動画へ   オリカ8番家人⇚クリックで動画へ

9番502Y、PAR5、6(2) FW
 ・DR(FW左)、5W(FW右)、5W(花道)、PW(左4mオン)、2PT。
 ・ずっと上りの前半最終ホール。何とかボギーに収めたが、脚にきている・・・

前半は13PTの42。
6番のようになれないことをしてダボ、は落ち着いて考えるべき。
昨年もそうだったが、後半にかけ、風も無く、気温がどんどん上がっていく(30℃超え?)
  
スルーで後半インへ。
10番343Y、PAR4、5(2)
 ・DR(左ラフ)19度UT(右ラフ)、SW(オン)、2PT。

11番382Y、PAR4、5(2) FW
 ・DR(FW真中)、5W(FW)、PW(5.5m前オン)、2PT。
 ・ピンが奥で坂の上。PWは坂の途中で止まる。5WがG正面に持っていけたのが良かった。

12番148Y、PAR3、4(2)
 ・5鉄(G手前ラフ)、PW(左2mオン)、2PT。
 ・寄せたのにPT外す。このあたりから暑さで体がだるくなってくる。
 オリカ12番ME⇚クリックで動画へ   オリカ12番家人⇚クリックで動画へ

13番395Y、PAR4、6(2) FW
 ・DR(FW左)、5W(FW先のラフ)、SW(オン)、2PT。
 ・5Wが飛び、G近い。だがSWで突っ込めず(60Y)。PWが正解だった。

14番522Y、PAR5 7(2) FW
 ・DR(FW左)、5W(FW)、19度UT(ダフりFW左)、PW(G直前)、9鉄(オン)、2PT。
 ・3打目は右に池はあるも5Wでも良かったか。寄せのPWも暑さで緩む  

15番391Y、PAR4 7(2) B
 ・DR(左ラフ)、5W(ゴロ、左B)、5鉄(FW右)、PW(G手前)、9鉄(オン)、2PT。
 ・5Wでゴロなど、暑さで集中力が・・・。PWでも乗らない・・・。

16番379Y、PAR4 6(2)
 ・DR(FW左)、5W(FW)、PW(残100Y、乗らずカラー)、外PT(1.2m)、2PT。
 ・体がだるく、PWで100Yが乗らない。グリーンの余りの眩しさで感覚が少し変で1.2mも外す。
 ・このホールが朦朧としていた感じ。家人も低血糖になっていた模様。

17番167Y、PAR3 4(2)
 ・19度UT(右崖下)、PW(なんとGオン)、2PT。
 ・崖下から前がちょうど空いており、そこしか狙えなかったが、それがオン
 オリカ17番ME⇚クリックで動画へ   オリカ17番家人⇚クリックで動画へ

18番483Y、PAR5 6(2)
 ・DR(右ラフ)、5W(右ラフ)、5W(左ラフ)、9鉄(G左オン)、2PT。
 ・最後体力をふりしぼってクラブを振るが、右へ右へ。
 オリカ18番ME⇚クリックで動画へ   オリカ18番家人⇚クリックで動画へ

後半は18PTの49。
ヘトヘトだったが、上がり2ホールをボギーに収めたのは成長した証拠(いや、体力がギリギリもっただけ?)。
トータル31PTの91。
過去は92、93ときたが、今年は91。それも取りこぼしが分かっている。
意外にここのラウンドは「暑さの管理」がポイント、ということがやっと分かった・・・。

5Wイリマ60S再度
5Wにイリマ60Sを挿してのラウンドは初めて。非常にキャリーが出て、正確でもあった。

ラウンド終了後は、汗びっしょりの体を風呂で癒す(写真はホームページより)
 オリカ風呂1オリカ風呂2

部屋に戻って、眼下のゴルフ場を見て、夕食までうたた寝
 オリカ部屋から

約1年ぶり・・・札幌ゴルフ倶楽部由仁コースをラウンド

約1年ぶりに大好きな札幌ゴルフ倶楽部由仁コースをラウンド。全体の落ち着いた佇まいが気に入っている。
一週間に輪厚と由仁。やはり由仁の佇まいのほうが・・・。
今回は友人ご夫妻と夫婦対戦
カートはあるがナビが無いので、前日にHPから各ホール全体像をわかるように作成。
0829由仁30829由仁5

10フィートで、練習Gも速い・・・。
0829由仁10829由仁2

ボールはTOUR B RX(US)を使用。
 

早い時間スタートで、回ったのはAグリーン。
インからスタート。
10番 373Y PAR4 6(3)
 DR(左ラフ)、19度UT(FW)、SW(5.5m手前オン)、3PT。
 ・いきなりGの速さを恐れて3PT

11番 431Y PAR4 5(2) FW
 DR(FW右)、5W(トップ気味、FW)、7鉄(左前3.5mオン)、2PT。
 ・7鉄は力まずゆっくり上げてゆっくり下ろし、きれいにインパクト、シュパッ!と打てた。

12番 486Y PAR5 7(2) P(プレ3)
 DR(右林)、DR(プレ3、FW)、7鉄(G左ラフ)、PW(オン)、2PT。
 ・TSは力んで右林ギリギリを狙ったのが失敗。

13番 139Y PAR3 4(2)
 7鉄(左カラー)、9鉄(転がしオン)、2PT(惜しい)。

14番 342Y PAR4 5(2) B
 DR(右ラフ)、26度UT(下くぐり気味、G前B)、SW(上2m)、2PT。
 ・バンカーショット上手く打てたが、上から順目の速いG、2PT。

15番 519Y PAR5 7(2)
 DR(左ラフ)、5W(FW)、5W(FW)、PW(花道右ラフ)、PW(オン)、2PT。
 ・4打目PWがショート
 由仁15番夫⇚クリックで動画へ   由仁15番妻⇚クリックで動画へ
 由仁15番ME⇚クリックで動画へ   由仁15番家人⇚クリックで動画へ

16番 389Y PAR4 (2) FW
 DR(FW右)、19度UT(G右オン)、2PT。
 ・花道を狙ったつもりが2オン

17番 132Y PAR3 (2)
 8鉄(ピン左上オン)、2PT。
 ・8鉄をゆっくり「シュパッ!」。ゆっくり上げてゆっくり下ろすイメージ。

18番 448Y PAR4 (1) 
 DR(左斜面下ラフ)、19度UT(FW、残130Y)、7鉄(右上3.5mオン)、1PT
 ・ここも7鉄が「シュパッ!」と打てた。やはりゆっくりしたリズムか・・・。

前半は、18PTの45。
しかしラウンド続きの疲れが残っているのか、DRのFWキープが少ない(2回のみ)。
TSがこころなしか、球に勢いが無い感じがする・・・。
逆に疲れて脱力が出来ているのか、アイアンは力が抜けて打てている。
また、SWのバンカーショットもしっかり振り抜けている感じ。
前半上がり3ホール連続パーで後半アウトへ。

1番 380Y PAR4 5(2) FW
 DR(FW)、5W(FW)、PW(上6m)、2PT。
 ・上からのPTは惜しかった。

2番 361Y PAR4 5(2)
 DR(引っ掛け左ラフ、木の間)、19度UT(G右B前ラフ)、SW(オン)、2PT。
 ・左木の間から上手くG前まで距離が出せた。
 由仁2番ME⇚クリックで動画へ

3番 499Y PAR5 6(2)
 DR(左ラフ)、5W(FW)、22度UT(ダフる、FW)、PW(上6mオン)、2PT。
 ・22度UTのダフリが・・・

4番 164Y PAR3 5(2)
 5鉄(G左ラフ)、PW(トップ、反対カラー)、外PT、2PT。
 ・得意のPWでの寄せがトップとは・・・

5番 387Y PAR4 5(2) FW
 DR(FW左)、5W(右B前ラフ)、SW(オン)、2PT。
 ・PTが惜しかった・・・。

6番 505Y PAR5 6(1) FW、B
 DR(やや天ぷら、FW)、5W(FW右)、19度UT(G右前B)、SW(G前ラフ)、
 PW(下3mオン)、1PT。
 ・疲れが出てきたのか、DRに勢いが無い・・・

7番 122Y PAR3 (2)
 7鉄(G真中オン4m)、2PT。
 ・上から超速く、90度くらい曲がるがほんの少し外す。日本シリーズJTカップの最終ホールのようだ。

8番 371Y PAR4 5(2) FW
 DR(FW)、5W(ダフる、FW)、PW(下5mオン)、2PT。
 由仁8番夫⇚クリックで動画へ   由仁8番妻⇚クリックで動画へ
 由仁8番ME⇚クリックで動画へ   由仁8番家人⇚クリックで動画へ

9番 404Y PAR4 6(2) FW
 0829由仁9番
 DR(FW左)、19度UT(FW、残80Y)、PW(ショート花道)、PW(オン)、2PT。
 ・ここで得意の距離をショートしてはいけない・・・

後半は、17PTの46。
ボギーペースを死守してきたが、最後にショートして
トータル35PTの91。
やはり速いグリーンでPT数は普段より多め。でも非常に面白かった

暑い・・・ハッピーバレーゴルフクラブ札幌をラウンド

お仕事関連でハッピーバレーゴルフクラブ札幌をラウンド。
気温は上がり、風も無い・・・
eccoバイオムG3(ネイビー)を履く。いきなりでも足に馴染み、履き心地が良い
0828ハッピーバレー1

クリップオンサングラスを最初から使う。
0828ハッピーバレー2タレックス・クリップオンatハッピーバレー

青山コースから。
◆1番503Y PAR5 6(2)
  DR(左ギリラフ)、5W(FW)、19度UT(G右ラフ)、PW(上3.5mオン)、2PT

◆2番150Y PAR3 5(3) B
  22度UT(G左B)、SW(オン)、3PT
  ・SWのバンカーショット、思っていた通りのスイングで上手くオン。ただ3PT

◆3番328Y PAR4 5(3) FW
  DR(FW右)、22度UT(トップ、Gオン)、3PT

◆4番364Y PAR4 5(2) FW
 青山4番
  DR(FW真中)、19度UT(G右前カラー)、PW(上3.5mオン)、2PT

◆5番368Y PAR4 5(1)
  DR(右ラフ)、9鉄(FW真中に出す)、22度UT(G前花道)、PW(下右2m)、1PT。
  ・カート道右ラフだったが、何とかボギーに収める。
  
◆6番530Y PAR5 6(2) FW
  DR(FW右)、5W(左ラフ)、19度(FW左)、PW(オン)、2PT。

◆7番335Y PAR4 5(2) FW
  DR(FW右)、6鉄(G前B)、SW(ナイスオン)、2PT
  ・ここでもバンカーショットが上手く成功。
  ・少しバウンスを意識し、少し開いてしっかり振り抜くこと。   

◆8番163Y PAR3 4(2)
  19度UT(左ラフ)、SW(オン)、2PT。
  ・PTはカップ縁、惜しい。

◆9番325Y PAR4 5(2) FW
  DR(FW真中)、22度UT(右木に当たり下ラフ)、PW(左2.5m)、2PT。

前半は、パー無しの19PT、46。
バンカーショットのコツを掴んだ感じ?しっかり振ること。でもPTが多い。

後半は伊達山コース。
◆1番357Y PAR4 5(2) FW
  DR(FW真中)、19度UT(FW、残50Y)、SW(オン)、2PT。
 
◆2番472Y PAR5 6(2) FW
  DR(FW真中)、5W(FW右)、8鉄(左木に当たり下ラフ)、SW(トップ、オン)、2PT。
  ・SWのダウンが速くなり、トップがもったいない 

◆3番334Y PAR4 6(3) FW
  DR(FW右)、19度UT(右深いラフ)、SW(オン)、3PT。
  ・ピンは一番奥、深いラフから乗せるので精一杯。

◆4番351Y PAR4 6(2) FW
  DR(FW左)、5W(ダフる)、5W(花道)、PW(オン)、2PT。
  ・暑さで2打目5Wの時に「ボンヤリ」としてしまい、ボールのかなり前を「ドスン」と打つ
   
◆5番131Y PAR3 4(3)
  8鉄(左上オン)、3PT。
  ・PTで集中出来ず・・・

◆6番527Y PAR5 7(2) FW
  DR(やや天ぷら、FW)、5W(FW右)、19度UT(FW右)、PW(ダフる、G前ラフ)、SW(オン)、2PT。
  ・暑さのせいか、ボールへの集中力が少し緩む

◆7番348Y PAR4 6(2) FW
  DR(FW左)、19度UT(FW右)、PW(G奥少しラフ)、外PT、2PT。
  
◆8番164Y PAR3 (1) 
  22度UT(手前2mオン)、1PT。
  ・まっすぐピンに向かい、バーディー奪取。
  
◆9番398Y PAR4 6(3) FW
  DR(FW左)、22度UT(G前ラフ)、SW(上り傾斜途中オン)、3PT
  ・ピンは二段Gの上。突っ込み不足だが、なかなか狙えない・・・

後半伊達山は、バーディーがあっても、20PTの48。3PTが3回もある
トータル39PTの94。バーディー1個のパー無しラウンド
少し暑さに負けた感もあり、集中が続かなかったようだ。

1年ぶり・・・札幌ゴルフ倶楽部輪厚コースでをまわる

お仕事関連で輪厚へ。
0824輪厚10824輪厚2

今まではギリギリで回っていた感覚だったが、
少し変わってきた現在でどれだけ通用するか・・・。
ただ、お仕事関連でフロントから。
そもそもがそれなりにあり(6,447Y)、フロントでもそれなり(6,141Y)なんだ・・・。
ティーイング・グラウンドも同じ一角の前と後ろだったような記憶。

今回もこれにお世話になる。
 バンテリンサポーター膝LLの2

インからスタート。前半はTOUR B XSを使用。
  
11番、22度UTでG手前だったが突っ込めず、2オン2PT、ボギー。
12番、バンカーに入れたが、SWでオンし2PT。ボギー。
13番、池越え右ドッグ、もう少しで2オンだったが乗せて詰めが甘く、ボギー。
14番、15番と素ダボ。特に15番は3PTといただけない・・・
名物17番、DR(左ラフ)、5鉄(右ラフ)、PW(FW)、PW(左5mオン)、これを入れてパー。
2打目で林越え、とは当然いかないが、パット(ボール?)のおかげでパーが取れた。

前半は、14番、15番がダボ、17番がパー。他はすべてボギーと、堅め(緊張)のゴルフが続き、
17PTの46と自分にしては健闘
もちろん、お仕事の緊張感もあり。

後半アウトは、タイトリストAVXを使用。
  
1番はG前Bに入れ2度叩くが乗せた4mを入れる、ダボ。タイトリストAVXでもPTは好調?
2番はG前30YからSWの激スピン球でピン左50cmにピタッパー。
4番では2打目を左に引っ掛けラフ、B越えでピン位置も坂の途中と止められないシチュエーション。これをSWロブで何とか狙えるところに止め2PT、ボギー。
7番では遠いBからSWでオン、ボギーで粘る。
8番長いショートでは行ってはいけない左Bに入れ、2回叩くが4オンした球1PTで沈める。
9番ロング、1打目が左Bアゴの前。5鉄でトップを打つつもりできれいにFWへ。でも寄せの詰めが甘くダボ。

後半は16PTの47と少し崩れる(特に上がり3ホール)が、何とか踏ん張った感。
トータル33PTの93。以前に比べ、輪厚でも少しゴルフらしくなった気がする(笑)
速い輪厚のグリーンを考えれば、まあまあのPT数。
今回も毎回キャディさんに「芝目」を聞いたのが良かったかも。

ボールについては、やはりTOUR B XSのほうが少し飛んでいるように感じた。
そしてパットも・・・
これからどうするか、考えていきたい。

久しぶりに帯広国際カントリークラブ(中→西)をラウンド・・・

1年以上ぶりの帯広国際。お仕事関連でラウンド。
久しぶりの歩き。膝がもつかどうか、不安を抱えながらのラウンド。
帯広国際0822バンテリンサポーター膝LLの2

今回は余裕が無く、動画が全く撮れなかった・・・

前半は中コースへ。
◆1番395Y PAR4 (1) 
  ・DR(左ラフ)、7鉄(FW)、PW(ピン奥3mオン)、1PT。
  ・FWを外した時にボギー確保に変えたはずが、上からのPTが入ってしまった。TOUR B XSの効果?
  ・TOUR B XSの初めの1球を使って4ラウンドめ。傷がつかずコスパはかえって良い
   新TOUR B XSの2

◆2番507Y PAR5 6(2)
  ・DR(右ラフ)、19度UT(FW)、19度UT(Gを縦断、オーバー)、PW(オン)、2PT。
  ・3打目19度UTは狙ったG前花道からオンしたと思ったら、速いGで越えてしまった。

◆3番400Y PAR4 5(2) FW
  ・DR(FW右)、19度UT(G左前花道)、PW(下5mオン)、2PT。
  ・パーPTは惜しかった
 
◆4番309Y PAR4 6(3)
  ・DR(右ラフ)、7鉄(花道)、SW(下3mオン)、3PT。
  ・Gの速さと傾斜に翻弄され、3PT

◆5番315Y PAR4 (1) 
  ・DR(FW真中)、9鉄(G前)、9鉄(転がし50cm)、1PT。
  ・以前より、DRは飛んでいると思う(定点観測)。

◆6番153Y PAR3 4(2)
  ・26度UT(G左横ラフ)、SW(オン)、2PT。
  ・ピン横ラフまで行ったが、ピンが近く、難しかった。

◆7番530Y PAR5 (1) FW
  ・DR(FW右)、5W(左ラフ)、22度UT(右G前花道)、PW(弱く4m残す)、1PT。
  ・4mスライスラインを1PTで沈める

◆8番155Y PAR3 4(2)
  ・6鉄(G左前ラフ)、SW(1段目にオン)、2PT。
  ・「鬼門」ホール。3段Gの2段目。1stPT(5m?)はクルリン。

◆9番382Y PAR4 (1) FW
  ・DR(FWギリ左)、19度UT(花道)、PW(下3.5mオン)、1PT。
  ・ここもしっかりPTが打てた。

前半は15PTの42。上出来、出来過ぎ。今までの帯広国際では一番の出来。
UTが上手く打てて、それを結果に出せているのと、
パットがしっかり打ててそれがカップに届いているのが要因か・・・。
面倒がらずにキャディさんにグリーンの芝目を必ず聞いたのが結果に繋がっているかもしれない。
UTはラフの場合、今まで以上に慎重にライを見て、少し押し込み気味に打っているのが良いのかも・・・。

花道からPWまたはSWでアプローチ、という得意パターンに持ち込むべく、
2打目(ロングは3打目)でパーオンは狙わないが、常に花道狙い。
「あのへ~ん」ではなく、はっきりと1打1打ターゲットを意識出来たのが良かったか・・・。
結果として、パーオン(いやオーバー)もあったが・・・。
また、今のSETTING(特に、DR、5W、UT)が貢献したともいえるかもしれない。

後半は久しぶりの西コース。
◆1番497Y PAR5 (1) B
  ・DR(FW真中)、5W(左ラフ)、26度UT(当たり過ぎてGオーバー、奥バン入)、
   SW(上1m)、1PT。
  ・3打目26度UTがラフからだが最高の当り。でもGで止まらず縦断して奥Bへ。
  ・バンカーショットはかなり前からダフったが、よくわからない出方をして上から転がって1mにつけた

◆2番362Y PAR4 6(3)
  ・DR(左ラフ)、19度UT(花道)、SW(乗せたがショート)、3PT。
  ・SWの突っ込み不足。PWのほうがよかったか・・・。

◆3番370Y PAR4 (1) FW
  ・DR(FW)、5W(G左前ラフ)、SW(手前1.2オン)、1PT。

◆4番331Y PAR4 5(2) FW
  ・DR(FW右)、9鉄(左B前)、PW(上2.5mオン)、2PT。
  ・PWのアプローチは落ちたところがカラーとGの境目で上へ加速。
  ・Gは上からは超速いので触れただけでボギー死守。

◆5番480Y PAR5 (2)
  ・DR(左ラフ)、5W(FW左)、6鉄(Gオン)、2PT。
  ・5Wはラフの下ダルマ落としを警戒して上手く打てた。
  ・6鉄もゆっくり振ってきっちり当り、パーオン

◆6番135Y PAR3 4(1)
  ・7鉄(噛んでG前花道)、PW(Gをオーバー、カラー)、外PT(50cm)、1PT。
  ・せっかく前ホールでアイアンが上手くゆっくり打てたのだが・・・

◆7番290Y PAR4 (2) FW
  ・DR(FW左)、PW(残75Y、左上5mオン)、2PT。
  
◆8番155Y PAR3 4(2)
  ・26度UT(トップ、G前エプロン)、PW(上3.5m)、2PT。
  ・ここでもスイング(ダウン)が速くなってしまい、トップ

◆9番366Y PAR4 6(2) FW
  ・DR(ダフってFW左)、5W(右林下)、9鉄(ギリ左ラフ)、PW(2m前オン)、2PT。
  ・最終ホールで力みが出た。パットも左に曲がるのは分かっていたが上手く右に打ちだせずダボ

後半は16PTの43と踏ん張る。
前半同様に、はっきりと1打1打ターゲットを意識出来たのが良かったか・・・。
そしてパットは、面倒がらずにキャディさんに芝目を聞くのも良かったはず。
何とか最後まで歩き通せ、トータル31PTの85、と今シーズンベストだった

天気予報通り・・・札幌リージェントゴルフ倶楽部新コースをラウンド

リージェント新コースへ。
予報では雨は上がっているはずだが、到着時にはまた一瞬降り始める。
しかし、ラウンドスタートに合わせるようにピタリと雨が止む。
  新コース1新コース2

ボールは、2ラウンド使用したが全く傷のついていない「TOUR B XS」を使用。
アウトから。
◆1番472Y、PAR5 6(2) FW
  新コース1番
  ・19度UTで花道まで来たがSWが短めで端にオン、2PT。

◆2番348Y、PAR4 5(2)
  ・右ラフから22度UTでFW、PWが大きく奥にオン、2PT。

◆3番128Y、PAR3 4(2)
  ・8鉄で右カラー、9鉄転がしがやや強く上につけ、2PT。
  ・こういう寄せを慎重にしないとパーは取れない。

◆4番339Y、PAR4 (2) FW  
  ・TSはFW右、26度UTで下の段オン。ピンは上の段だが何とか2PTでパー。

◆5番517Y、PAR5 6(2)
  ・アゲ風強め。4打目22度UTがピン真っ直ぐに行き、下5mオン、2PT。
  ・TS右ラフ、5Wやや天ぷらとマズイ展開を耐える。

◆6番348Y、PAR4 5(2)
  ・TSは真ん中に飛んだがラフが食い込んでおりギリラフ。22度UTはラフに食われSWで左4..5mに3オン、
   2PT。
  ・ラフがここまで食い込んできているとは・・・。2打目を平らなところからなかなか打てない

◆7番383Y、PAR4 5(2)
  ・TSはややコスり右ラフ、花道を狙って19度UT、SWで下4m、2PT。
  ・2打目ピンを狙わずターゲットを花道にしたのが功を奏す

◆8番152Y、PAR3 4(2)
  ・5鉄でG前、PWで80cmにつけパー確実と思った緩みで外す
  ・結果的にこういったパットを無くさないと・・・

◆9番383Y、PAR4 5(2)
  ・珍しくFWを右に外す。5WでFW左、PWで乗せたが2PT。
  
前半は18PTの44。パーは1個だけだがダボも無し。
いつもこのペースで行けば良いのだろう・・・
ただミスPT、最近多し。

先頭スタートだったのでターンで少し待ち、後半インへ。
◆10番472Y、PAR5 8(1) B
  ・TSを左ラフ、その後、あまり当たらず、G前バンカーにも入れ、7オン1PT
  ・久しぶりに間が空いて、のんびりしてしまい気抜けしたか・・・     

◆11番293Y、PAR4 6(2) FW、B
  ・DR(FW真中)、8鉄(ややダフりG前)、PW(G奥オン)、2PT。
  ・ピンは奥めだったが、寄せが奥過ぎた。

◆12番331Y、PAR4 6(3) FW
  ・DR(FW真中)19度UT(下がベチャ、FW)、PW(下3mオン)、3PT。
  ・下からやや強く、上からの返しも近かったが速さを警戒し過ぎ外す

◆13番164Y、PAR3 4(2)
  ・19度UT(G右前ラフ)、PW(カラー)、外PT、PT。
  ・PWの寄せが弱気・・・

◆14番325Y、PAR4 5(1)
  ・DR(右ラフ)、19度UT(FW)、9鉄(G右前ラフ)、9鉄(左30cmOK)、1PT。
  ・3打目の距離感が少し狂う。

◆15番482Y、PAR5 6(3) FW
  ・得意のロング。3打で乗せたが、1mのパーパット外す
  新コース15番Y氏⇚クリックで動画へ   新コース15番ME⇚クリックで動画へ
  新コース15番家人⇚クリックで動画へ

◆16番359Y、PAR4 (1) FW
  ・鬼門のホール。DRはFW真中、19度UTでクリークを越えG前ラフ、PWで左50cmに寄パー
  ・日が照ってきたのでここからクリップオンサングラスを試す。2打目がしっかり当たれば鬼門ホールを
   通過できることがわかる
  新コース3

◆17番110Y、PAR3 2(0)  
  ・PWでプレ4付近にショート。残20YでPWを考えたがやめてSWで寄せたらグリーンでワンバウンドして
   チップインバーディー
  ・クリップオン・サングラス(TALEX)をしてから、急に???

◆18番361Y、PAR4 6(3) FW
  ・DR(FW左)、19度UT(FW真中)、PW(残60Y、オン)、3PT。
  ・ボギーで80台と分かっていたのが・・・1stPTをダフる

後半は15PTの46。トータル33PTの90。
最終ホールのPTだけでなく、13番の寄せや、15番、18番のPTに悔いが残る