FC2ブログ











千歳カントリークラブでのラウンド・・・新DR、G400SFTを試す(19☆44)

ゴールデンウィーク以来の千歳CCでラウンド。到着直前で雨があがった模様。
新DR、G400 SFTを試す初めてのラウンド。
千歳CC1千歳CC2
千歳CC3G400SFTの5

スタート以降は晴れ間が広がる・・・。
千歳CC4千歳CC5

前半はしらかばコースから。
1番470Y PAR5 6(2)
  ・寒いのでXXIO SUPER SOFTを使ってみたが、TSは右に吹ける。球質が軽い感じ。
   右ラフ、19度UT、19度UT、SWで乗せ2PT。
2番313Y PAR4 (2) FW
  ・低い球(トップ気味)でFW、23度UT(ロフトは1度大きくしている)で2オン、2PT。
3番369Y PAR4 6(1) FW
  ・DR(左ラフ)、19度UT(花道左ラフ)、SW(ダフリラフ)、PW(乗らずカラー)、外PT、1PT。
  ・2打目で絶好の位置だったが、ダフリでショック
4番165Y PAR3 (1)
  ・19度UT(G右前ラフ)、PW(左下3m)、1PT。
5番370Y PAR4 6(2)
  ・DR(ゴロ)、4W(ゴロ、左ラフ)、23度UT(G右前ラフ)、PW(1.5m右前オン)、2PT。
  ・DRは力が入りゴロ、同じく4Wも・・・。珍しい  
6番366Y PAR4 6(1) FW
  ・DR(FW真中)、19度UT(右斜面)、9鉄(FW)、PW(ビシャ!ダフる)、PW(オン)、1PT。
  ・初めてG400がまともに当たる。当たれば真っ直ぐ
  ・雨がまだ残っているところがあって、「ビシャ!」が発生・・・。
7番462Y PAR5 7(2)
  ・DR(ゴロ)、4W(ゴロ)、4W(FW)、23度UT(花道右ラフ)、SW(オン)、2PT。
  ・またまた力んでゴロ連発
8番150Y PAR3 (1)  
  ・7鉄(G左前ラフ)、SWロブ(上2m)、1PT。
9番385Y PAR4 5(1)
  ・DR(FW左)、4W(FW)、SW(3mオン)、2PT。
  ・ここもまあまあDRが打てた。
 20191020千歳CCしらかば9番Y氏⇚クリックで動画へ   20191020千歳CCしらかば9番⇚クリックで動画へ
 20191020千歳CCしらかば9番家人⇚クリックで動画へ

前半は、14PTの46。G400SFTがまともに当たったのは2回のみ。
力みがあって「ゆったり」が出来ていない・・・。

そのままスルーで後半は、からまつコース。
1番400Y PAR4 6(2) FW
  ・DR(FW左)、4W(FW右)、PW(G前)、PW(1.2mオン)、2PT。  
2番350Y PAR4 6(2)
  ・DR(左ラフ)、23度UT(ビチャ!)、8鉄(G右前ラフ)、9鉄(オン)、2PT。
3番156Y PAR3 4(2) 
  ・5鉄(右B縁)、PW(オン)、2PT。
4番535Y PAR5 8(2)
  ・DR(右ギリラフ)、4W(FW)、4W(FW、丘の下)、PW(G前)、SW(トップ、G奥ラフ)、
   PW(オン)、2PT
  ・3打目から見えるグリーンは壁のような砲台、いや、急な山の上Gに上り切らずにアプ失敗
5番366Y PAR4 6(2)
  ・DR(左ラフ)、4W(ダフる)、6鉄(G前ラフ)、PW(オン)、2PT。
6番185Y PAR3 4(3)
  ・19度UT(オン)、3PT。
  ・せっかく1オンしたが上りを打ち切れず3PT
7番470Y PAR5 6(2) FW
  ・DR(ギリFW)、4W(FW左)、4W(左ラフ)、SW(3.5mオン)、2PT。
8番370Y PAR4 5(1) FW
  ・DR(FW真中)、19度UT(FW)、SW(カラー)、外PT、1PT。
9番390Y PAR4 7(2)
  ・DR(右ラフ)、4W(ダフる)、6鉄(Gそば)、SW(ショート)、PW(オン)、2PT。
  ・最後に寄せの集中が切れ、トリ
 20191020千歳CCからまつ9番Y氏⇚クリックで動画へ   20191020千歳CCからまつ9番⇚クリックで動画へ
 20191020千歳CCからまつ9番家人⇚クリックで動画へ

後半は、18PTの52と崩れる。
得意の4Wのダフりが多く、これではスコアにならない。
G400SFTがまともに当たったのは、後半は3回。
まだまだ慣れないといけない。
合計32PTの98と、情けない結果。

新DRは、しっかり打てたときも少しはあったが、不満が残る内容。
「武器」ではなく、練習で出来たことがラウンドで出来なかったことに悔いが残る。
以前に以下の記事を書いていることを思い出す。

ANSERFREAKさんの記事(以下)を読んで・・・
『自分がヘッドをコントロールできるスピードを超えて打ったらボールはつかまらない。
力を抜いてインパクトにヘッドが間に合ってヘッドが走ればヘッドスピードも上がる。
インパクトでハンドファーストにならない、そこに間に合えば振れば振るほどボールは飛ぶ。
振りたくなる気持ちを抑えて打てるようになったらゴルフが変わるかもしれない。』
『自分も体感したことなのですが、ゆっくり振っているほうがクラブの軌道は安定し、ヘッドが間に合ってくるので、ミート率も高く飛距離が落ちることはありませんでした。』
『自分がヘッドの位置のコントロールができないスピードで振らない』

過去にちゃんと気付いているではないか
先日の練習でも「ゆったり振れば」である・・・。

いかに実戦で、これを実行できるかどうかに尽きる、ということがよくわかった。
実戦での『ゆったり』がこれからの最重要課題か。
スポンサーサイト



北海道ポロトゴルフクラブでのラウンド・・・K夫妻と(19☆43)

北海道ポロトゴルフクラブでK夫妻とラウンド。ここは2013年以来なので、6年半ぶりのようだ。
曇りだったが、風も無く、寒さをあまり感じなかった。
 ポロト4ポロト1

痛めている左ひざは、今回はCW-Xを着用せずにサポーターだけで臨んでみた。
 ポロト2ポロト3ポロト前 

すぐにスタートすれば、途中の休み無しスルーとのことで、コンペの前でスタート。
1番525Y、PAR5 (1) 
 ポロト1番
 ・4打目SWで右上1.5mにつけ下りを1PT、パー。
2番337Y、PAR4 6(2)
 ・右OBか?と思ったら木に当たり左へ跳ねセーフ。4オン2PTの素ダボ。
3番182Y、PAR3 (1)
 ・打ち下ろし名物ホール。19度UTでG前、外PTで50cmに寄せパー。
4番318Y、PAR4 5(2) FW
 ・FW左から4WでFW、SWで下6m、2PT。
5番372Y、PAR4 5(2) 
6番537Y、PAR5 6(1)
 ポロト樽前を望む
 ・右ラフ木の下から4Wで右ガケ下へ。9鉄でFW、4Wで残60YをPWで右5mオン、1PTで入れる。
(樽前山を正面にティーショット)
  20191012ポロト6番K夫⇚クリックで動画へ   20191012ポロト6番K妻⇚クリックで動画へ
  20191012ポロト6番⇚クリックで動画へ   20191012ポロト6番家人⇚クリックで動画へ
7番150Y、PAR3 4(2) B
 ・5鉄が噛んで右バン入。SWで1.5mにオンしたが外す。バンカーを上手く出せた感有り。
8番418y、PAR4 5(1)
 ・3オン出来ずに上2.5mにオン、1PTで沈める。
9番347Y、PAR4 5(2)
 ・左ラフから19度UTでFW。乗せて2PT。

前半は14PTの44。何とかPTでしのいでいる感じ。
DRはエポンを使用。グリップは柔らかく感じるが、打ち抜き感が弱い感じ。
また4Wも太く柔らかくなった感じがあるが、かえって微妙な違和感があって、当たらない時もあった。
フェアウェイ、そしてラフも手を入れているのが伝わってくるコースだ。

スルーで後半へ。
10番468Y、PAR5 6(2) FW
 ・TSは天ぷら、4Wで左ラフ、19度UTで左高台、9鉄で右4mにオンしたが2PT。
11番344Y、PAR4 5(2) FW
 ・FWから6鉄で花道、3オンして2PT。
12番423Y、PAR4 6(2)
 .2打目の4Wがゴロ23度UTでFW、4オン2PTの素ダボ。
(各人のティーショット)
  20191012ポロト12番K夫⇚クリックで動画へ   20191012ポロト12番K妻⇚クリックで動画へ
  20191012ポロト12番⇚クリックで動画へ   20191012ポロト12番家人⇚クリックで動画へ
13番134Y、PAR3 (2)
 ・7鉄右前6m、2PTのパー。
14番325Y、PAR4 (1) FW、B
 ・FW左から5鉄でG前バン入。SWがピンに当たり、ナイスパー
 ・トップして当たったのではなく、「シュパッ」と打ってアプローチのように転がりピンに当たり、
  すぐそばに止まる。バンカーショットの感覚はこういうものか・・・。
15番550Y、PAR5 7(2) FW
 ・TSは天ぷら気味。結局5オンの2PTの素ダボ。
16番416Y、PAR4 6(2)
 ・ここもTSが天ぷら気味。力んで引っ掛けが続き、SWで手前ピンをギリギリ狙ったが、
  ピン手前に落ちるも止まらず上2mに4オン、2PT。
(またまた樽前山を背に・・・)
  20191012ポロト16番K夫⇚クリックで動画へ   20191012ポロト16番K妻⇚クリックで動画へ
  20191012ポロト16番⇚クリックで動画へ   20191012ポロト16番家人⇚クリックで動画へ
17番178Y、PAR3 4(1) B
 ・19度UTで右バンカー、SWでカラー、外PTで1mに寄せ、1PT。
18番389Y、PAR4 5(2)
 ・左OB方向から右に跳ね、ギリギリ免れる。23度UTでFW、PWオン、2PTのボギー。

後半は16PTの46。ダボ3つがもったいない。珍しいDRの天ぷらが3回出た。
ティーの問題か、打ち方の問題か・・・。上から入っているのかも・・・。
トータル30PTの90。惜しくも80台にはならなかったが、ノビシロはあることは分かった。

札幌ゴルフ倶楽部由仁コースでのラウンド・・・TN決戦今年最終戦(19☆42)

今年のTN決戦最終戦は、札幌ゴルフ倶楽部由仁コースで。
出発は日の出前。
DSC_1638.jpgDSC_1642.jpg

7:00のアウトトップスタート。グリーンは速そう。
20191006由仁120191006由仁2

良い天気に恵まれたが、スタート時は6℃。
いきなり実戦に新DR、XR16を使用。
7月には29PTの87を出しており、自分としては好きなコース。
XR16の220191006由仁3

1番 361Y PAR4 6(3) FW
 ・T氏は左ラフから前の木に当て、まずはN氏がリード。やはりグリーンは速い。上につけたら
2番 400Y PAR4 6(3) FW
 ・T氏は右バンカーから右ラフ、そしてG右と右方面へ。そしてGでも苦しみ、ダブルパー。
  N氏との差がいきなり大きくなる。
3番 502Y PAR5 6(1)
 ・N氏は1PTのナイスパーだったが、T氏はダボ。差が5打差に広がる。
4番 142Y PAR3 6(2) 池
 ・T氏、N氏パーは取れず。
5番 390Y PAR4 6(2) FW
 ・N氏が左OBも傷を広げず、T氏についていく。
6番 477Y PAR5 6(2)
 ・N氏はバン入したがボギー、T氏は左前3mに3オン、惜しくもバーディーを外す。
7番 143Y PAR3 4(2)
 ・T氏は池に入れてしまい、またカップ際で止まり、噴火。
  N氏は上につけたが下からの返しを入れパーでしのぐ。
8番 387Y PAR4 5(1) FW
 ・N氏はOBがあり、T氏はボギーでしのぐ。
9番 388Y PAR4 6(2)
 ・T氏、N氏どちらもティーショットを飛ばす。グリーンでは強いPTでT氏がパー奪取

前半は締まりの無いゴルフで18PTの52。
新DRも高く上がったり、右に曲がったり・・・。正しい打点を探りながら・・・といった感じ。
得意の寄せが突っ込めず、PTの距離感がイマイチで噛み合わないまま。
TN決戦は、いつもと違って、N氏が3打リードで、休憩1時間。

休憩で体が固まってしまったまま後半へ。
10番 399Y PAR4 7(3) FW
 ・N氏がパーで引き離しににかかる。
11番 395Y PAR4 5(2) FW
12番 502Y PAR5 7(1) P
 ・T氏、N氏ともナイスショットで飛距離を稼ぎ、どちらもパー。
13番 165Y PAR3 5(3)
 ・T氏はグリーンで苦しみ、ダボ。
14番 363Y PAR4 5(1)
 ・T氏、N氏ともにティーショットを叩き、ナイスショットT氏パー奪取
15番 503Y PAR5 6(2) FW
 ・ここでもT氏がパー奪取。反撃開始か・・・。差が2打差まで縮まる。
16番 342Y PAR4 (1) FW
 ・T氏は左バン入でN氏との差が広がる。
17番 128Y PAR3 4(2)
 ・T氏はシャンク気味に右へ。これは痛い・・・。勝負あったか「やられた!」と。
18番 442Y PAR4 6(2) B
 ・T氏は最終でもダボ。万事休す・・・

後半も締まりの無いゴルフで17PTの49。
新DRとともに出直しか。

TN決戦の後半は、途中T氏の追い上げ開始か、と思われ、15番で2打差まで詰め寄ったが、
その後ダボでつまづいてしまい、N氏の圧勝で終わった。
次の記事では、TN決戦の通算について振り返ってみたい。

ハッピーバレーゴルフクラブ札幌でのラウンド・・・付け刃ではやはり無理(19☆41)

ハッピーバレーへ。
練習での気付きから、それが通用するかどうか期待と不安・・・。
そういえば、メンバーなのにここのマーカーを持っていなかったので購入。
20190929ハッピーバレー220190929ハッピーバレー1

行く途中で向日葵がきれいに咲いていた・・・
20190929ハッピーバレー3

前半は伊達山。1番でいきなりナイスパットのパー。しかし後は良いところ無し・・・。
18PTの47
後半は青山。最後に2オン2PTのパーだったが、他はトリやダブルパーがあり、良いところ無し・・・。
17PTの52
わかりきってはいるが、やはり付け刃では・・・。
しっかり体に覚えさせてからか、残り今シーズンは従来のままか・・・。

青山5番の各人のDRスイング。
  20190929ハッピー青山#6N氏⇚クリックで動画へ   20190929ハッピー青山#6Y氏⇚クリックで動画へ
  20190929ハッピー青山#6⇚クリックで動画へ   20190929ハッピー青山#6家人⇚クリックで動画へ

ルスツリゾートゴルフ72いずみかわコースでのラウンド・・・スコアに直結するミスが出る(19☆40)

春に行ったルスツのいずみかわコースを再訪。
相変わらずのんびり回れる。
20190922いずみかわ220190922いずみかわ1

アウトスタート。
1番478Y、PAR5、6(2) FW
 ・3打目で花道、SWが突っ込み不足でボギー。
2番344Y、PAR4、6(3)
 ・3オンしたが、上りが遅いグリーンを克服できず、3PT
3番335Y、PAR4、(1)
 ・右ラフから7鉄で花道、SWで右上50cm、1PT。
4番493Y、PAR5、6(2) FW
 ・FWキープしてSWオン、2PT。
5番292Y、PAR4、6(1)
 ・3オンしたはずが下り速いグリーンでカラーへ。外PT、PTで素ダボ
6番136Y、PAR3、5(2) 池
 ・7鉄で安全に乗せたはずが直前で失速、池へ。
 ・どうも今日のJGRは当りが薄く、打ち抜き感が少ない感じで、池前からボールはERCへ。
7番313Y、PAR4、5(2) FW
 ・花道左ラフからPWで乗せ2PT。
8番133Y、PAR3、(2)
 ・7鉄で7m手前オン、2PT。
9番、337Y、PAR4、5(2) FW、B
 ・TSはFW左だが前に木、7鉄でG前バンカー、SWで乗せて2PT。

前半アウトは17PTの46。
1番の寄せの突っ込み、2番の3PTが少し安易だった6番はもっと安全に乗せられたはず。

後半インへそのままスルー。
10番328Y、PAR4、6(3) FW
 ・PWで6mに乗せたが、Gに翻弄され、3PT
11番492、PAR5、6(3) FW
 ・ラフから8鉄で3オンしたが、ここも残念な3PT、ボギー
12番356Y、PAR4、(1) FW
 ・FW右、21度UTで右斜面ラフ、PWで下3mにオン、1PT。
13番171Y、PAR3、4(2)
 いずみかわ13番
 ・19度UTでピンハイ3mのカラー。しかし外PTが強過ぎて、返しも外す。
   20190922いずみかわ13番Y氏⇚クリックで動画へ   20190922いずみかわ13番⇚クリックで動画へ
   20190922いずみかわ13番家人⇚クリックで動画へ
14番312Y、PAR4、(2) FW
 いずみかわ14番
 ・FW真中から7鉄トップしたが、ピン右3mに2オン、僅かに外しパー
   20190922いずみかわ14番Y氏⇚クリックで動画へ   20190922いずみかわ14番⇚クリックで動画へ
15番305Y、PAR4、(1) FW
  いずみかわ15番
 ・FW真中から24度UTで花道、PWで右1mにつけ1PT。
 ・パーではあったが、DRも飛ばず、24度UTで2オンしなかったのも情けない・・・
16番173Y、PAR3、(1)
 ・21度UTでG手前ベロカラー左ラフ、PWで左上2mオン、1PT。
17番、547Y、PAR5、7(2) FW、B
 ・TSはFW右、4WでFW左、19度UTで花道、70YをPWで引っ掛けバン入、SWで乗せて2PT。
 ・3打目まで完璧なマネジメント。4打目、普通に乗るところを力んでPWを引っ掛ける、情けない・・・
   20190922いずみかわ17番Y氏⇚クリックで動画へ   20190922いずみかわ17番⇚クリックで動画へ
   20190922いずみかわ17番家人⇚クリックで動画へ
18番398Y、PAR4 6(2)
 ・TSは力が入って右にスライス前上がり斜面ラフで無理して5鉄でチョロ、19度UTでFWに出し、
  PWで4オン、2PTの素ダボ。
 ・ずっとFWキープしてきたが、最後に力んでしまい、自滅

後半は、出だしの2ホールのグリーン上で慎重さに欠け、上がり最後2ホールで、ついつい力が入ってしまう。
普通に脱力、いや、力が入らなければ、80台確実だったのに・・・。
17PTの44で、合計34PTの90。

終了後、途中でトウモロコシなどを買ったところで、シマリスがお食事中。模型かと思ったが、実物
しまりす食堂1しまりす食堂2

そして遅めの昼食に寄ったラーメン店、「清水らー麺 風来」。
以前から気にはなっていたが、入る機会も無く、今回あまり期待せずに入ったら・・・。
かなり昼を過ぎていたが、満員
味噌ラーメンを頼んだが、何と美味しいことか
風来2風来3

そして中山峠の「峠の茶屋」で「よつ葉乳業のソフトクリーム」を頂く。
これがまたまた絶品なかなかこちら側は寄らないが、寄って大正解
20190922中山峠

ゴルフ5カントリー美唄コースでのラウンド・・・復習・練習のつもりで気付きも(19☆39)

美唄終了1美唄終了2

溜まった消化不良を解消すべく、と思ったが、もっと溜まったラウンドに
201909美唄1⇚クリックで動画へ   201909美唄2⇚クリックで動画へ
201909美唄3⇚クリックで動画へ   201909美唄4⇚クリックで動画へ
201909美唄5⇚クリックで動画へ   201909美唄7⇚クリックで動画へ

しかし、気付いた収穫もあり、これからにつながる。
1つ大きく気付いたのは、スウェー抑止のために、DRのトップを小さくすること。
トップが2段階になるときに、左へスウェーしていることは気付いているのだが、なかなか修正が出来ないでいた。
ならば、トップが2段階になる前に終えてしまえば良いのでは?
それを意識して振ってみたスイング。方向性は向上するようだ。
201909美唄6⇚クリックで動画へ

札幌リージェントゴルフ倶楽部トムソンコースでのラウンド・・・社内コンペ開催(19☆38)

2019年の社内コンペを開催。14名が参加。午後スタート。
トムソン1トムソン2

2人ほど到着前に、始球式を開始。
普段のスイング撮影に慣れきってしまい、正面からの始球式用のボールが割れるところを映せず
  2019コンペ始球式1⇚クリックで動画へ   2019コンペ始球式2⇚クリックで動画へ

永久幹事の自分は最終組。
最終組スタートギリギリで本人とキャディバッグがカートで運び込まれたケースが発生(笑)

インスタートから。
何となくダボとボギーが続き、パーがなかなか来ない展開でストレスが溜まる。
ピン手前の17番で、SWで1.2m前につけ1PT、でやっとパーを。

前半は、FWキープは4回、1PTが2回、17PTの47と不冴え
いくら幹事でも、もう少しまとめたいと・・・。

後半アウトへ。
1番358Y、DRはいい当たりでFWど真ん中、24度UTでG前、
手前からGが速いことが分かっていたのに、PWで突っ込み過ぎボギー。
寄せてまとめる自分のゴルフが出来ていない・・・。

2番366Y、ここもDRは真ん中、19度UTで打った残約180Yの2打目は、
何と右前横3mに2オン
ここの2オンは今まで無いのでは?
そしてこのフックラインを強めに消してバーディー奪取
2オンも記憶に無いが、バーディーはもちろん無い。

キャロウェイのUT、「XR OS」の22度、25度を、
ロマロ「RAY V UT」の21度、24度に入れ替えたが、
UTの「手放さないでくれ」との叫びか、「XR OS」の19度は残していた。
購入当初に「XR OS19度」を打った時、自分の想定以上に飛んでいる、という実感があったが、
やはりそれが合っていたのか、残しておいて良かった・・・。

だが、このまま流れに乗って、とはいかずに、
5番ショートではダボ、好きな7番ロングではG前でショート、そしてトップでトリプル
8番ショートは打ち上げで、今までの経験から2クラブ上げてもいいくらい、と思って打ったら、
芯を食って奥のカラーまで行ってしまい、ボギー

後半は、FWキープは5回、1PTが2回、前半と同じの17PTの47、で終了。

幹事としては、無事終わって、ホッと安心したが、
一プレーヤーとしては、消化不良が大きく残るラウンドだった・・・。

2019コンペ12019コンペ2
2019コンペ32019コンペ4
2019コンペ5