fc2ブログ











【復習】ダウンスイング・・・

上手くない人はクラブが立ち気味で下りてくる。要は右肩が突っ込み、ボールを「打ちに行く」から。
安田アマ切り返し2安田アマ切り返し3

腕が下に落ちてくれば、前に出ない・・・。
腕の下ろし方1腕の下ろし方2

腰に向かって腕を下ろしていく。
腰に向かって下ろす1腰に向かって下ろす2腰に向かって下ろす4

上手い人の下ろし方は・・・まずは腰に向け下ろしていき、体も回転させて、クラブは体の近くを通ってインパクトへ。
安田プロ切り返し1安田プロ切り返し2
安田プロ切り返し4安田プロ切り返し5
安田プロ切り返し6安田プロ切り返し8

腰まで下ろしてきたら、体を回転させる。テコの原理を使って、クラブを体の近くに通す。
大地ダウン巻きつき1大地ダウン巻きつき2

単にクラブを落とすと、ヘッドの重さで寝過ぎて落ちてくる。
大地ダウン巻きつき3
スポンサーサイト



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ 2022/07/20 分析 | CM(0)

【検証】スエー状況の比較・・・今ごろになって改善の兆しを発見?

過去のスイング動画を検証。
左は2019年秋。右は2021年1月。「武器」も変わっている。・・・。
ずっと治らないスエーの状況を比較してみた。
線を基準にしてみると、少しだが、改善されていた。
右肩から打ちに行っている度合いが弱くなっているようだ。
スエー2019動画表題⇚動画へ    微改善2021動画表題⇚動画へ

スエー2019の1微改善2021の1
スエー2019の2微改善2021の2
スエー2019の3微改善2021の3
スエー2019の4微改善2021の4
スエー2019の5微改善2021の5

手が前に出る具合が小さくなって、少しは下に向かって動いているのかもしれない。
腕の下ろし方2腕の下ろし方1
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ 2022/07/16 分析 | CM(0)

【小さなことでも実は・・・シリーズ】アドレスの腰の位置

【過去記事】アドレスの修正・・・安定へ』でも触れたが、三觜コーチの本を読んでから(結構前か・・・)、
実際にこの時以来、アドレスを微調整している。
 三觜プロアドレス1三觜プロアドレス2

ゴルセオTVのやまだいコーチも、この点が重要と指摘している。
 アドレスズレ (1)アドレスズレ (2)

原因は、アドレスして打つ方向を見上げているうちに右にズレてしまうとの見解。なるほど・・・。
 アドレスズレ原因 (1)
 アドレスズレ原因 (2)アドレスズレ原因 (3)

理由はともあれ、三觜コーチとやまだいコーチは同じことを言っている・・・。
小さなことのように思えるが、アドレスで既に狂いが生じているという大きな問題に発展していたということ。
 アドレスズレ (3)アドレスズレ (4)
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ 2022/07/10 分析 | CM(0)

スイングでの力の入れ所・・・

三觜プロの動画で、「力の入れ所」について分かり易く説明➡スイングの力の入れ所

まさしく、ブンブン鈴木氏のこの動画のポイント(2:50~5:30)と同じだ。
 ブンブンヘッドスピード題字⇚クリックで動画へ

安田流ゴルフレッスンでも同様だ➡ヘッドが加速する方法

三觜TVで、極端に実演して、①と②の比較。②は手首のスナップだけ、のイメージ。
  ①ドライバーの「手首ガチガチ」スイング(左側上から下)
  ②同じく、「手首プランプラン」スイング(右側上から下)。

ヘッドの走り具合は、一目瞭然
要は、手首のスナップが効いているということ(右側上から下)。
また、腕をずっと振っている訳でもない。インパクトの前辺りでグリップ位置を止めるイメージ。

ガチガチ6  プランプラン5切り返し切り返し後にタメが・・・。
ガチガチ7  スナップ1
ガチガチ8インパクト  スナップ2
ガチガチ9  スナップ3
ガチガチ10  スナップ4
ガチガチ11  スナップ5
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ 2022/05/24 分析 | CM(0)

過去のスイングを振り返ってみたら・・・また違う発見が?

過去のスイングを振り返ってみたら、今見ると「いいかな?」と思えるものを見つけた。

まず最初に、結構振れているなぁ、と思ったスイング。2018年10月の室蘭ゴルフ倶楽部。
この頃は、テイクバック前に、試しに右前方45度前にコックして上げていた。
 表紙室蘭201810コック右前方45度⇚クリックで動画へ

そして翌年初め2019年1月のスイングは、もう少し整理された感じ。
これも気持ちよく振り切っているように見える。
少し早めにコックを入れているが、直近よりは体幹でクラブを上げているように見え、アークも大きい。
テイクバック開始前のコックでの上下で、クラブを上げるリズムを自分なりに上手く取っているように思える。
テイクバックでは背中を飛球線方向まで捻っており、顔も動かず、スウェーも小さくなっているように見える。
無理に手を返している感じも無い。

そして右は同じくそのスロー。
なお、この頃のDRは、まだAF-105の頃だ・・・。
 表紙意外に振れている⇚クリックで動画へ   意外に振っているDRスロー201901⇚クリックで動画へ

分解して比較してみると、
2018年10月のスイング(左)はスウェーはしているが、今見直すと、結構振り切っている感じ。
そしてバランスもまあまあ。
一方、2019年1月のスイング(右)は、振り切っている割にスウェーをあまりしていない感じに見える。
 室蘭201810コック右前方45度11意外に振れている0
 室蘭201810コック右前方45度22意外に振れている1
 室蘭201810コック右前方45度44意外に振れている3
 室蘭201810コック右前方45度55意外に振れている4
 室蘭201810コック右前方45度66意外に振れている6

そしてこの頃のスイングでも、トップで思った以上にフェースは上を向いていたことに気付く・・・。
 意外にフェースは上を向いていた

また、「猫パンチ」的にすくい上げてもいないようだ。
 猫パンチ1猫パンチ2

ということは、現在(直近?)のスイングよりこのようなスイングのほうが振り切れていて
自分には良いのではないか・・・。
少なくとも、このときのスイングをベースにするほうが良いのかもしれない。

アイアン(8鉄)も同様。少しフォローからが縮こまり気味ではあるが・・・。
そして右は同じくそのスロー。
 表紙意外に振れている8鉄⇚クリックで動画へ   意外に振っている8鉄スロー201901⇚クリックで動画へ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ 2021/10/20 分析 | CM(0)

位置エネルギーの活用・・・

そういえば、手術前に「掴んだ」スイング。
忘れていた・・・(泣)
 重力活用動画表紙⇚クリックで動画へ

腕(クラブヘッド)の位置エネルギーが、以前より「上から下」へ。
テイクバックも、勢いでややアウトに上げて・・・。
 掴んだ重力活用1掴んだ重力活用2

 掴んだ重力活用3掴んだ重力活用4

インから降りてきており・・・。
 掴んだ重力活用5掴んだ重力活用6

体の近くを下りてきている?
体を支えるのがやっとの状態だったので、かえって上半身には無駄な力が入っていない???
 掴んだ重力活用7掴んだ重力活用8
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ 2021/10/06 分析 | CM(0)

テイクバックから落ちていくクラブの行方・・・

クラブをどこに上げていくか?どう落ちていくか?
クラブの重心や重さに任せたスイングがどうなるのか?いかに自分のスイングと違うのか、を比較して考察してみた。

年初に、クラブ(腕?)が落ちてインサイドから振る感覚をつかみかけた記憶がある。
下の動画がそうだが、ただあくまでも自分の感覚・・・。
 DR正面0123再掲⇚クリックで動画へ   DR後方0124再掲⇚クリックで動画へ

しかし、その後の手術・入院で、とっくの昔に忘れてしまった感じ
まだまだクラブを持つのは無理だが、せめて脳トレしてイメージだけ蘇らせたいため、考察してみた次第。

菅原大地プロの解説と比較してみる。
まず、上げ方が「手上げ」。もっと「押し感」と「外上げ感」が必要。
DR後方0大地クラブ上げる1

以前よりはヘッドが上には上がっているが(重力エネルギーを活用しようという意識はある?)、
上げているだけ?
DR後方1大地クラブ上げる2

上がったクラブのエネルギーが全然後ろにいっていないところがはっきりわかる・・・
無理に上げている感が強く、「上から後ろ」へのベクトルが感じられない。
どちらかというと、「上から前」
DR後方2大地クラブ上げる3

もっと後ろに行けば、左腕も伸びるはず?そして遠心力をもっと使えるはず?
DR後方3大地クラブ上げる4

重力エネルギー(「上から下」)だけでなく、巻きつく力(遠心力)ももっと活用しないと・・・。
DR後方4大地クラブ上げる5
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ 2021/10/05 分析 | CM(2)