FC2ブログ











最近のスウェー状況チェック・・・

左がリージェント旧時。右は約1年前。アドレスも違う。
旧DR120191005コラソンスウェー1

テイクバック時のスウェーは以前より抑えられてきている。トップもコンパクト。『振らない』
旧DR220191005コラソンスウェー2

インパクトでボールに乗っていく感じは以前より出ているか・・・。
旧DR420191005コラソンスウェー3

インパクト以降左脚に乗っていくのはよしとする。
旧DR520191005コラソンスウェー4

スタンスの足幅の範囲で動いており、2軸のようだ。ダウンでの肩の被りをもう少し抑えたい。
スポンサーサイト



ラウンドでパーのホールを振り返る・・・お土産も

リージェント旧コースで、パーを取れたホールを振り返り、そのマネジメントを今後の参考に。

まずは12番566Y。グリーンは砲台、というより、坂の上にGが有るロング。
TSはフェアウェイ真中。次に4W(ZF65)は真っ芯ではなかったが普通にFW真中。
キャリーでかなり打上げのグリーンを狙うので3打目は7鉄で打ったが、ややトップ気味で、G前のラフ。
そこから15YをしっかりPWで突っ込んでピン左上1mにつける。下りなので慎重に決めパー。
3打目でGオンは出来たはずだが、オーバーが無い、そして上がるクラブ選択が正解だったかも。
旧12

14番397Y。右は危ない長めのミドル。
DRはややヒールでFW左。飛距離は稼げず。5Wはややダフリ、FW左。残80YをPWで右前1.2mにつけ、
慎重に決める。
旧14

16番509Y。なぜか右めに出るTSのロング。
アゲだったが、DRは会心の当たり。2打目は5W、ここもダフり気味だがFW真中。
6鉄は力んでトップしたが、意外に転がり、G直前まで。外PTでOKにつける。
5Wが上手く打てれば、確実にショートアイアンで打てるはず。
「振る」とダメな結果ばかりなので、もっとゆっくり、でもトップも小さく、
ハーフスイングぐらいのイメージでも良いのかもしれない。
今までの4Wのシャフトよりトルクが大きいので、「ゆっくり」「コンパクト」が必要なのかもしれない。
旧16

17番161Y。打ち下ろしショート。
上につけないように6鉄で左前4mにオン。斜めに狙うラインだが、惜しくも外す。
旧17

1番452Y。右ドッグのロング。好きなホール。
DRは初めてのところまで飛んだここも2打目はZF65、ややダフったが、FW真中。
残90YをPWでギリギリオン。もう少し突っ込まないと・・・。
1stはショート、2ndで2mを何とか入れてパー。
旧1

4番409Y。2打目から打ち下ろしの長めミドル。
DRはFW右で飛んでいた。
ここで5W、「ゆっくり、トップも小さく、コンパクトにインパクトだけ振る」イメージ。
下りも含め何とG前の平らなところまで飛ぶ。これは初めて
約20YをPWで転がしたら、カップ縁で止まる
旧4

7番156Y。6鉄で右やや上のカラー。外PTで1mに寄せ、アンジュレーションが大きいので慎重に決める。
旧7

こうして見ていくと、やはりフェアウェイキープ、そしてグリーンに乗せること。
まずは新5Wに慣れ、しっかり打てるようになることがスコアに直結しそうだ。
意図通り、4Wの代わりは十分に果たせそうだ・・・。

(記事と関係あります。リージェント名物?ドルチェヴィータ100切りグリーンバームクーヘン)
ドルチェヴィータ100切りグリーンバームクーヘンドルチェヴィータ100切りグリーンバームクーヘン2

修正されてきたスウェー・・・

最近、トップを小さくして、無理して捻らずにスイングするようにしてから、
自分にしては飛ぶようになり、かつ、方向性も復活してきた。
1
2
3
4
5
6

トップを大きくするまで捻ると、ダウンでヘッドがインパクトに戻って来る前に、肩が突っ込んで、
バランスを崩していたと想像出来る。
もう1つ意識しているのは、ダウンで「振る」にいくところは、腰の辺りからインパクト後まで、のイメージ。
これはアイアン、ハイブリッド、フェアウェイウッドも同じ感覚。
アイアンやハイブリッドは、これに下へ押し込むイメージを加えればOK。

その後スウェーは?・・・イメージを変えてから

トップをコンパクトにしてから、ドライバーが飛ぶようになり、方向性も格段に良くなった。
飛ぶと方向性も良くなる???
インパクトが分厚くなった、とでも表現したらよいのか・・・。
人生で一番飛んでいるかも・・・。
同じホールでも、飛んだ位置と、その先の景色が少し違う。

でもこのぐらいのトップで、自分としては十分飛距離は出ている。
クラブフィッターの鹿又さんのようなトップ・・・(笑)
無理をする必要がないことがよくわかった・・・。
感覚としては、身体の幅ぐらいだけ、「振っている」感覚
飛球線と同じ方向に身体が動く度合いがこれまでより小さくなっているのを実感。
今まで、いかに無理して捻って上げて振っていたのか・・・
まさに、『ゆっくりテイクバック、パワーの貯蓄』だ。
もちろん、まだまだ追求の余地はあるのだが・・・
あとは改めてショートゲーム。特にバンカーショットと、アプローチの再点検だ。

左は2年前、右は現在。
線の位置の基準が違っており、あまり変わっていないようだが、
飛距離は自分としては伸びている。方向性も以前のように復活。

北広南8番自分⇚クリックで動画へ   自分7番⇚クリックで動画へ

スウェー確認1新コース7番1
スウェー確認2新コース7番2
スウェー確認4新コース7番3

意識の持ち方でこんなに違う?・・・

7鉄スイングの違い。
フォローからフィニッシュが全く違う。なぜ?
 7鉄変⇚クリックで動画へ   7鉄変更⇚クリックで動画へ

左のフォローとフィニッシュ。そして右のフォローとフィニッシュ。
この軌道の違いが右手の返し押し方の違いか?
右手押し無し1右手押し1
右手押し無し2右手押し2

ドライバー。
左はゆったりテイクバックを意識。右はコンパクトなトップを意識。
 DR後方⇚クリックで動画へ   DR変⇚クリックで動画へ 

ダウン始動のきっかけ、そして回旋・・・イメージを備忘として

出来なくて納得がいかないダウンの始動きっかけと回旋のイメージを備忘として画像に記録。
屋内で振れないので、あくまでイメージをコンパクトに(笑)

旋回1⇚クリックで動画へ 

スローで・・・。
旋回2⇚クリックで動画へ

(記事とは全く関係ありません)
酒本商店札幌店開店
酒本商店1酒本商店2
酒本商店3酒本商店4

グリップ再点検後のスイング比較・・・

左はグリップ再点検前、右は後。
アドレスで「スッ」と背筋を伸ばして立ち気味。でもどっしり。
DR後方1G変DR後方1

トップ小さめ。
DR後方2G変DR後方2

インパクトは・・・?
DR後方3G変DR後方3