FC2ブログ











トップで止まらず・・・

「トップで止まらず」を実践してみた。
その動画が下。確かに止まってはいない感じ。
201908空沼7番⇚クリックで動画へ

コマ写真にすると、スウェーはしているが、フィニッシュは決まる。方向性も抜群。
「打ち抜き感」もあるような感じ。
止まらずDR1
止まらずDR2
止まらずDR3
止まらずDR4
止まらずDR5
スポンサーサイト



スウェーはトップでの間から始まる?・・・

動画で見ると・・・トップで止まっているように見える今のスイング(動画左)。
しかし、トップで止まらずに(止めている意識は無いのだが・・・)リズミカルにダウンへ流れていくスイングでは、
スウェーは小さく感じ、打ち抜き感もある(動画右)。

  201908滝の西2番⇚クリックで動画へ   20190804コラソンDR頭残し正面⇚クリックで動画へ 

これをコマ送りで見てみると・・・。
左動画のスイング(トップで止まっているように見えるスイング)は、
①アドレス。
②テイクバックで少し右へスウェー。
 最初のトップ位置からダウンにスムーズに行けばよいのだが、どうももう一ひねりをしてしまうらしく、
 そのひねりの時に右肩が突っ込んでスウェーしてしまう。
③インパクトでは、その流れで左へスウェー。
でも、右の動画のスイングは・・・スウェー幅は小さいようだ。

夏滝のスウェー1スウェー小スイング1正
夏滝のスウェー2スウェー小スイング2正
夏滝のスウェー4スウェー小スイング3正

・①のまま、その場でテイクバック出来ないものだろうか?
・ダウンで、トップと同じ頭の位置のままでダウンスイングが出来ないものだろうか?
・トップで止まらないでリズミカルにダウンスイングへ流れていけないのか?

スタンスを極端に狭くした場合には振れるはずなのに・・・。考え方はそれと同じはず?

今回気付いたのは、
「トップで間を置いて一ひねりをせずに、そのまま手が落ちる(脇が締まり始める)とスウェーしない」のでは?だ。
「頭軸意識、8割のスイング」なのか・・・。
スウェー小スイング2正手が落ちるDR正

バンカーショットのイメージを変える・・・

札幌国際カントリークラブ 島松コースでのラウンドで、
バンカーショットの感触がいつもと違う感覚で上手くいったイメージを忘れないように・・・。
ドンとバウンスを砂に落とし過ぎずに、シュパッとアプローチする感覚とでも表現するのか。
まずは自分なりのイメージを固めて、実戦で試行錯誤してみたい。
20190804コラソンBイメージ後方⇚クリックで動画へ   20190804コラソンBイメージ正面⇚クリックで動画へ

頭軸意識、8割スイングでスウェー抑制・・・イメージを固める

頭軸を意識して振ってみた。
20190804コラソンDR頭残し正面⇚クリックで動画へ

インパクト時の手の使い方が変だが、これまでより少し頭が残り、スウェーが小さくなっているようだ。
DR5コマ線頭残し5線小
DR6コマ線頭残し6線小
DR8コマ線頭残し9線小

コマ送り動画比較。
コマ回しスウェーDR確認⇚クリックで動画へ   頭軸意識DR正面コマ201908⇚クリックで動画へ

渋野日向子プロのような「猿腕」ではないので、両肘が曲がり気味だが、
副次的かもしれないが、左脇も締まっている・・・。
ただタメはまだまだ早く解けている・・・。
頭残し10線小
頭残し11線小
頭残し12線小

今のスウェー状況・・・

コマ送り動画で見ると・・・。
コマ回しスウェーDR確認⇚クリックで動画へ

写真では・・・。
DR5コマ線
DR6コマ線
DR8コマ線

ダウンで左に突っ込む、というよりも、
テイクバック時に、右に移動し過ぎるのが原因のようだ。(捕え方の違いだが)
トップからダウンスイングに行くところで、左にスウェーしている。
ダウンスイングとインパクト時は、あまり頭は動いていない。

では、その対策は・・・。

DR1コマ線
DR2コマ線
DR3コマ線

テイクバック時に、右へ行き過ぎずに、もっと体の中心で「その場回転」の意識を持つことか・・・。
体重移動を意識せずに(今もしてはいないのだが・・・)、
右腰をお尻に引くくらいの感じで回転するぐらいの意識が良いのかもしれない。
いや、意識は回転しないくらいでも、実際は回転するので、それぐらいで良いのかも・・・。

腕の三角形ほか・・・

ロイヤルシップコマ1動画⇚クリックで動画へ
直近のスイング動画を分析。
動画では、腰と脚をかばって、フォローが変な姿になっている・・・。

ロイヤルシップコマ1線有りアドレスは良い感じ。
ロイヤルシップコマ2線有り
ロイヤルシップコマ3線有り
スウェーは少しは小さくなっているかも・・・。
「フェイスターン」を理解・実践してからか、腕の三角形は崩れていなさそう。

腕の回旋意識スイングでは・・・過去と比較

クラブは5鉄。
左は2017年、右は2019年(フェイスターン意識)。
フェイスターンがされている模様。
5鉄後方2017の15鉄後方2019の1

シャフトクロスは抑え気味。左脇も少し上がっている?
5鉄後方2017の25鉄後方2019の2

手元が体近くを通っている?
5鉄後方2017の45鉄後方2019の3

フォローでも脇が締まっている?(気のせい?)
5鉄後方2017の35鉄後方2019の4

動画。左は2017年、右は2019年(フェイスターン意識)。
現在のフェイスターン意識スイングのほうが、5鉄は明らかに楽なのは事実。
2017コラソン5鉄スロー⇚クリックで動画へ  2019コラソン5鉄回旋スロー⇚クリックで動画へ