FC2ブログ











今日のラウンドで再認識したこと・・・

まずはアドレス
特にドライバーのアドレス。最近右に行きがちだったのは、やはり右を向いていたからだろう。
細心の注意を払って、目標と、ティーの間に見つけた目印、ティーを一直線にする。そしてこれに平行に立つ。
右を向き易い人は右足からアドレス、はあまりしっくりと来ないし、ルーティーンを変えるのもおかしくなったらこまるので、とりあえずは封印。
最初4連続FWキープは、これの賜物

次にアプローチはピッチエンドラン
新AW(ロフト48度)でのアプローチは、本番で初めて使ったにもかかわらず、寄ったアイアンセットのPWよりも、引っ掛からずに抜けるのが良い。ヘッドも小さいからだろう。

そして、パターの打ち抜き
変更後握り
これはグリップを写真のように変えてから、ストロークが固定されて振るように感じ、芯を捕らえる回数が多くなったように思う。それによって、ショートが少なくなった。


関連記事
スポンサーサイト




私は目印とティーのラインにシャフトを直角に合わせてから、グリップしてスタンスを取るようにしてます。練習場でも、それを意識してます。
AW追加は良かったようですね。PWよりAWの方が操作がしやすいので、アプローチは一段と簡単になると思います。

[ 2009/05/25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する