fc2ブログ











問題点修正・解決のために・・・練習へ

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

今日の練習の課題は、アドレスの修正が中心。
持って行ったのは、DR、7I、9I、PW、SW。

いろいろと打って試して判ったのは以下の通り。
[アイアン]
ラウンドでの引っ掛け多めを減らすために、アドレスの前傾を少し浅くしてみた。そもそもアドレスを作る時に、股関節を入れて背筋を伸ばすだけに留めたのが正解のようだ。結果的に、前傾は深くならず、お尻が少し出る程度のアドレスになった。
大事なのは、アドレスの前傾意識よりも、フォローでの前傾維持、即ち斜に景色を見る姿勢。こちらのほうが大事のようだ。飛距離も出る。
そしてゆっくり振れば、7Iのキャリーでもしっかり150Yは出ていた

[ドライバー]
アドレスの前傾はアイアンと同様、股関節を入れる程度で十分。
グリップは少しフックを強めにすると、左腕とクラブを一直線にする感覚でも、左脇が締まる。確かにプロのアドレス写真を見ても、完全な一直線ではなく、フックグリップなので、左脇が締まった「ほぼ一直線」なのだ。
でもあまり強いフックでは、そのうち肘がおかしくなるので注意が必要。
前傾に関しても、斜に景色を見る姿勢が非常に重要。

まずはPW。目標はやや左。軽く運んでいるがしっかり100Yピッタリ。前傾は浅くなっている。
9Iの目標は正面。やはり軽く運んでいるが130Yにピッタリ。前傾もこれまでより少し浅く。
2010-6-5 PW後方←クリックでYouTubeへ 2010-6-5 9I後方←クリックでYouTubeへ

次に7I。前傾も少し浅く。「斜に景色を見る」は出来たり出来なかったり・・・
2010-6-5 7I後方←クリックでYouTubeへ 2010-6-5 7I正面←クリックでYouTubeへ

そしてDR。ボールはこれまでよりほんの少し外側か。ティーも微妙に高く。前傾はやや浅く。
2010-6-5 DR後方←クリックでYouTubeへ 2010-6-5 DR正面←クリックでYouTubeへ

関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ 2010/06/05 練習 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する