fc2ブログ











今年第11戦ロイヤルシップ札幌ゴルフ倶楽部でのラウンド・・・

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

予報では30℃程度になり今年一番の暑さの見込み。
実際に行ってみると・・・暑い時々風がさわさわするときは気持ちがいいが、日なたにいるときは(ほとんどがそうだが・・・)とにかく暑い。たくさん日焼け止めを塗りたくっていって正解

ここは過去にベストタイを出しているコース。16番のようにOBかバーディーといった鬼門ホールもあるが、好きなコースの1つであるのは間違いない。
でも、スタートまでのパット練習のときに、既に暑さで朦朧としていた・・・

1番337y、DRをいきなりダフり、残190y。7Wで右の丘上、SWはフェイスが微妙に開き過ぎて下をくぐり、G手前バンカー。SWで乗せたが3PTのトリプルスタート
シップ1

2番377y、DRがフックしてカート道で跳ね、OB。プレ4から7IでG横ラフ。乗せて2PTMのまたまたトリプル2ホールでもう今日は終わったか・・・
シップ2

3番363y、ここでもDRがややフックめで斜面でも悪い方に跳ねたが、ギリギリOBは免れた。145yだがかなりの前上がりなので花道狙いで8Iで打ったら、ほぼカラーしかしPWでの寄せが弱く、2PTのボギー。
シップ3

4番494yの谷越えロング。DRは飛んだがドロー回転でバンカーギリギリ手前のラフで止まる。両足はバンカー内というアドレスで5IでFWへ。残140yを8Iでピン10m手前に3オン。しかしパット感がしっくり来ずに3PT、ボギー。これはもったいない・・・
シップ4

5番425yのHDCP1の長いミドル、しかしDRはこれまで飛んだことのない残185yまで飛んだ3UTで狙ったが、ややドローでG手前バンカーへ。SWで乗せたが遠く、ここも3PTのダボどうも好調なはずのパットが不調。
シップ5

6番直角に曲がった366y、少しショートカット程度と打ったら、予定以上に右へ。行ってみるとかなりのショートカットでバンカーとOB杭の間のラフ、残50yをSWでピン左5m、2PTのパー。
シップ6

7番池越え133y、9IでGに落ちたがこぼれて奥ラフへ。ピンより先は下りなので非常に難しいが、SWでピタリの落とし所で、30cmに寄せるパー。
シップ7

8番458y、DRはFW真ん中。5Wが珍しく大ダフリ9ID刻んだつもりが引っ掛けてOBの林方面へ。でも「カーン」という音がしたので行ってみると、ラフに戻ってきていてセーフPWで見えないGを狙ったが、奥のバンカーに。SWで乗せて2PT、ダボ。
シップ8

9番145y上り、7Iはフェイスの上部に当たり、当たり負けで飛ばず、G手前バンカーへ。そこからトップで奥の丘の上、SWでGに落としたが下りで転がり、外へ。乗せて2PTのダブルパー
シップ9

全く締まらない前半は20パットの51。いくら得意コースでもここまで叩くとは・・・。暑さで集中力と冷静さを失ってしまったようだ。

10番322y、激しくショートカットを狙った訳ではないが、予定以上にDRが右に飛び、右山の上に。残120yをPWでG手前ラフまで何とか運び、PWでアプローチしたら、これがチップインバーディーボギー程度を覚悟していたのが・・・
シップ10

11番DRはやや引っ掛けでカート道も転がり、残70y。SWでG左ラフ、SWで2m上横につけ、これを沈めパー。
シップ11

12番468y、DRはフック気味で隣ホールラフ、3UTで左ラフまで戻し、9Iで届くと思ったらあまり当たらずにG横斜面ラフ。左下がりで難しいライだが、SWで落とし所を考えて打ったが、わずかに短く乗らず。乗せて2PTのダボこれは3打目が打ちに行ってしまったのが原因。スイングではなく「力の手打ち」。
シップ12

13番350y、DRはFW左残150y。ここに打ったのもここまで飛んだのも初めて。軽いスイングでヘッドを落としただけといった感じだったが、距離はピッタリで少しGをこぼれる。PWで寄せたが力が入り過ぎ、またGも乾いて速くなっており、オーバー。返しも外してボギーこれはもったいなかった・・・。
シップ13

14番120y、PWで右から回し、ピン左下横5m。しかし2PTめがクルリンでボギー。ちょっと粗雑か・・・。
シップ14

15番直角に曲がる316y、DRは実に良いバランスでフィニッシュも決まり、FWど真ん中で残80y。ここで下りでフルショットなら、と思ってSWを選択したのが大失敗。やはりここはPWで余裕のスイングをするべきシチュエーション。右にボールを置いて刃が刺さって、ラフ。次のSWも届かずPWで入りそうになったが強過ぎて転がり2PT、ダボ
シップ15

鬼門の16番365y、いつもと違うティーイング・グラウンドだったが、何も考えずに振って、これが飛んでFW左。残95yをPWでピン左上5mに2オン。そして下りの速いスライスラインを読み切ってバーディー
シップ16

17番131y、苦手なショート。引っ掛けないように意識的にややフェイスを開き気味で9Iでピン右10mにオン。2PTめの残り2mを入れてパーここでパーを取ったのは恐らく初めてのはず
シップ17

最終18番500y、DRはドローでFW左。池まで180yなので絶対に届かない6Iで力で打ちに行ってしまい、左ラフへ。もったいない、普通にヘッドをドスンと落とせば確実にFWだったはず・・・6Iで出したが微妙にまだラフで残125y。ここでまたまた9Iで力で打ちに行ってしまい、池すぐ横へ。SWでロブ気味に乗せ、2PTの素ダボ。最終ホールでクラブの重さに任せることを忘れ、力んで打ちにいってしまった・・・。
シップ18

後半はバーディーも2つあったので、15パットの42。それでもパットは多い気がする。
トータル、35パットの93。またまた90を切れなかった。
ここでは普通に切ると思っていたが、やはりいきなりの猛暑で最初に集中力が無かったか・・・。
事実、道東などでは「猛暑日」の35℃を超えた地域がいくつもあったようだ。そして、全国では北海道だけだったらしい

【今日のデータ】
パーオン率:27.8% ボギーオン率:61.1% FWキープ率:35.7% 
パーセーブ率:33.3% ボギーセーブ率:55.6% 平均パット:1.944 バーディー数:2 パー数:4

関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ 2010/06/27 ラウンド | CM(1)

日曜日は今年初の猛暑日を記録、しかもそれが北海道でしたからね。
急激な温度差は身体に響きますよね。
スタート2ホールでメゲないところがさすがですね。
[ 2010/06/28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する