FC2ブログ











エポン時代も終焉か・・・"PINGER"に変身?

PINGのG400 SFT(10度)が手元に・・・。シャフトはオリジナルのALTA J CB(S)。
まさか自分が"PINGER"になるとは・・・。
10年以上前に、「ANSER」「I」「G」とかのもっと昔のDRは使った記憶があるが、
音も板のような音で、シャフトも硬かった印象。
というか、とにかくいろいろな武器を、という頃の記憶。
全くイメージが違う、というか、新しいイメージと言っても良いくらい。
G30 SFTを考えていたのだが、お店の店主からこちらを勧められた。正解だったのかもしれない。
G400SFTの4G400SFTの5
G400SFTの3G400SFTの10
G400SFTの7G400SFTの6
G400SFTの8G400SFTの9

XR16との比較。どちらも艶消し塗装。少し前までは、艶消しは嫌いだったのだが、
今、手元に残そうとしている候補はどちらも「艶消し」
G400 SFTは445cc、XR16は460cc。
G400SFTの1G400SFTの2

打ち方も、今までに比べて長い重心距離のDRということを意識して、
フェイスがボールを見ているような感覚でテイクバックをしてみた。
あまり腕の回旋(フェイスの返し)を使わないスイングで、ちょうど良い感じ。
そして、トップはコンパクト。フォローだけで振り切る、のようなイメージ。
ゆったり過ぎずに、振り切れる感じもある。
オリジナルシャフト(ALTA J CB)はかなり良い感触。
55g、トルクは4.7の中調子。Sもちょうど良い硬さか・・・。ラウンドしてみないとわからないが・・・。
>PING G400 SFT 201910の1⇚クリックで動画へ   PING G400 SFT 201910の2⇚クリックで動画へ

スペックは以下の通り。
長さ:45.75inch ロフト:10度 ヘッド体積:445cc ライ角:59度 総重量:301g バランス:D0
シャフト重さ:55g(ALTA J CB:S) トルク:4.7 調子:中調子

重心距離は従来より長いが、打っていると重心角が効いているように思う。
低重心、深重心で球が上がり、重心角で掴まえる。
真っ直ぐなのは、シャフトの力かも・・・。
DR数値比較
関連記事
スポンサーサイト




G30以前は。

こんにちは。かわせみ!です。
お店の方の助言があって良かったですね。
確かにG30以前のクラブはシャフト硬度のみで選ぶととんでもない目にあいます。
私もG30からのユーザーですが。。。純正シャフトよりカスタムシャフトのアッタスロックスターが柔らかいので選んだ経緯があります。
G以降はシャフトも日本人スペックなのでSシャフトでも打てるようになって少しづつPINGユーザーが増えて来ている感じがします。
G400SFTが合うと良いですね。
乱文失礼致しました。
[ 2019/10/19 ] [ 編集 ]

Re: G30以前は。

かわせみ!さん、
いつもどうも有難うございます。
昔のPINGは検索しても、もう全く出てきません(笑)
米国のクラブなので、昔は日本マーケットに興味が無かったのでしょうね。
力の入れ具合が昔と現在とでは全く違いますね。
[ 2019/10/19 ] [ 編集 ]

私のバッグにもPINGが~10本も入ってます~~(笑)

PINGのウエッジとアイアン大好きです、とくにウエッジ類。

G25の5Wも愛用中、G25の1Wも過去に4回も買いました(笑)
[ 2019/10/19 ] [ 編集 ]

Re: し

しさん、いつもどうも有難うございます。
存じ上げております(笑)
[ 2019/10/22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する