FC2ブログ











思った以上に良いかもしれないDR・・・PING G400 SFTとオリジナルシャフト

どのDRを残すか、コラソンで確認へ。XR16とG400 SFTを持っていく。

まずは8鉄。
DRの打ち方をそのまま応用したら、良い感触。
ゆっくり」テイクバックして、ドンと落とすイメージ。
ただ、重心距離を勘案し、フェイスターンは取り入れて振る。キャリーもまあまあ出ている感じ。
トップやダフリが出なければ、それで良し。
 20191019コラソン8鉄後方⇚クリックで動画へ

そしてDR。後方と正面。
自分では、振り切れている感じ。
シャフトが切り返しからダウンで撓り、インパクトでちょうど良い感じで撓り戻る。
今まで無かったような、気持ち良い振り切り感じ、とでも言ったら良いのか・・・。
 20191019コラソンG400後方⇚クリックで動画へ  20191019コラソンG400正面⇚クリックで動画へ

フェイスがボールを見ているような感覚でテイクバック」「コンパクトなトップ」を意識。
すると、トップからしっかりヘッドが戻ってきてスクエアにインパクトしているように思う。
 20191019コラソンG400後方スロー⇚クリックで動画へ  20191019コラソンG400後方スロー線入り⇚クリックで動画へ

正面から見ると、今までよりトップが小さくなっているのがはっきりと判る。
それによって、
「トップが二段になって、その際に身体(右肩)が突っ込んでスウェーする」という現象が
抑制されているように思う。
自分としては、ここまで振れてスウェーしないのは初めてかもしれない・・・
 20191019コラソンG400正面スロー⇚クリックで動画へ  20191019コラソンG400正面スロー線入り⇚クリックで動画へ

PING G400 SFTは、このタングステンが良いのか・・・掴まりも良い。
G400SFT タングステン
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する