FC2ブログ











DRスイング、改めて模索中・・・

DRをG400SFTにしてから(まだエポンは手元に置いてあるが・・・)、
DRスイングに関して、2つのタイプのどちらかにするか、を考えていた。
室蘭ではそれを実験
そして、ニューまこでおさらいして、感覚的ではあるが、自分の備忘として、書き留めておきたい。
ニューまこ練習DR

1つは、強めのフックグリップにして、あまり手が悪さをしないようにして、フェイスターンをせずに、
体の回転だけで振る意識のスイング(①)。
室蘭では、17番で上手く振れ、ドローでいい球が出た。
このスイングは、振り切ることが大きなポイント。
ただ、慣れもあるが、正確性に関して、まだまだ。

もう1つは、ゆっくりテイクバック、小さなトップ。
最も留意するのは、上半身をもう一捻り(肩を回す)する意識
そして、トップで止まりはしないこと。
そこから「適正なスピード」でダウンから振り抜くスイング(②)。
意識はしていないが、自然な程度でフェイスターンはしているはず。
「適正なスピード」とは、恐らく、MOI大のDRでもフェイスが返せるスピード、というのが実感。
ゆっくりテイクバックするので、切り返しが遅く、自然なフェイスターンも可能になっているのではないか、
と想像する。
「上半身をもう一捻り」は、やってみると、飛距離が違う感じ。
今まで、いかに手打ちだったことを実感。

両方を比較して、結果として、②のスイングが安定、そしてきれいな球が出ていた実感。
そのスイングの動画は以下に・・・。

7鉄。とにかく「脱力」。打つのではなく、振る。課題のアイアンも「脱力」が出来れば・・・。
わかっているのだが・・・。ラウンドと実戦は違ってしまう。そのための練習なのだが・・・。
20191110まこ7鉄後方⇚クリックで動画へ

5UT。アイアンと同様。「脱力」して振れば良いだけ、のはず。
20191110まこ5UT後方⇚クリックで動画へ

そして問題のDR。
このくらいの「適正なスピード」だと、方向性、飛距離とも、自分では満足出来る球が出ているのだが・・・。
2019まこDR右後方⇚クリックで動画へ   20191110まこDR後方⇚クリックで動画へ

正面では、練習とラウンドを並べて比較してみた。結果、スウェーもあまりしていないのでは・・・?
実戦ではやはり「速い」・・・。
20191110まこDR正面⇚クリックで動画へ   201911室蘭8番⇚クリックで動画へ

追加・・・コレ(トップでの手首の角度はインパクトに直結する)も重要➡コレ(ドラコンの山崎プロ、普通に分かり易い解説です)
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する