fc2ブログ











1年ぶり・・・札幌ゴルフ倶楽部輪厚コースでをまわる

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

お仕事関連で輪厚へ。
0824輪厚10824輪厚2

今まではギリギリで回っていた感覚だったが、
少し変わってきた現在でどれだけ通用するか・・・。
ただ、お仕事関連でフロントから。
そもそもがそれなりにあり(6,447Y)、フロントでもそれなり(6,141Y)なんだ・・・。
ティーイング・グラウンドも同じ一角の前と後ろだったような記憶。

今回もこれにお世話になる。
 バンテリンサポーター膝LLの2

インからスタート。前半はTOUR B XSを使用。
  
11番、22度UTでG手前だったが突っ込めず、2オン2PT、ボギー。
12番、バンカーに入れたが、SWでオンし2PT。ボギー。
13番、池越え右ドッグ、もう少しで2オンだったが乗せて詰めが甘く、ボギー。
14番、15番と素ダボ。特に15番は3PTといただけない・・・
名物17番、DR(左ラフ)、5鉄(右ラフ)、PW(FW)、PW(左5mオン)、これを入れてパー。
2打目で林越え、とは当然いかないが、パット(ボール?)のおかげでパーが取れた。

前半は、14番、15番がダボ、17番がパー。他はすべてボギーと、堅め(緊張)のゴルフが続き、
17PTの46と自分にしては健闘
もちろん、お仕事の緊張感もあり。

後半アウトは、タイトリストAVXを使用。
  
1番はG前Bに入れ2度叩くが乗せた4mを入れる、ダボ。タイトリストAVXでもPTは好調?
2番はG前30YからSWの激スピン球でピン左50cmにピタッパー。
4番では2打目を左に引っ掛けラフ、B越えでピン位置も坂の途中と止められないシチュエーション。これをSWロブで何とか狙えるところに止め2PT、ボギー。
7番では遠いBからSWでオン、ボギーで粘る。
8番長いショートでは行ってはいけない左Bに入れ、2回叩くが4オンした球1PTで沈める。
9番ロング、1打目が左Bアゴの前。5鉄でトップを打つつもりできれいにFWへ。でも寄せの詰めが甘くダボ。

後半は16PTの47と少し崩れる(特に上がり3ホール)が、何とか踏ん張った感。
トータル33PTの93。以前に比べ、輪厚でも少しゴルフらしくなった気がする(笑)
速い輪厚のグリーンを考えれば、まあまあのPT数。
今回も毎回キャディさんに「芝目」を聞いたのが良かったかも。

ボールについては、やはりTOUR B XSのほうが少し飛んでいるように感じた。
そしてパットも・・・
これからどうするか、考えていきたい。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ 2020/08/28 ラウンド | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する