fc2ブログ











来シーズンに向け、まずは「このぐらいの振り」に慣れる・・・

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

 1212ヒューマン11212ヒューマン2

「このぐらいの振りで良いのかも・・・」を来シーズンに繋げるために、
鉛調整をしたがこれまでより軽量化されたM6アイアンに徐々に慣れることから始める。
あまり行かないアウェーのヒューマンへ。直接陽が当たるので暖かく、ヒーターは使わず

まず、何も考えずに一通り打ったら、肩が疲れた。力が入っていたのだろう。
そしてアイアンは上手く当たらずにちゃんと飛ばない当りばかり。
今まで、どれだけ力んでいたのだろうか・・・
オーバースペック(なのかなぁ)はもうやめて、アンダースペックぐらいがちょうど良いのかも。
反省して、とにかく肩の力を抜く、腕の力を抜くことを意識して振ることに・・・。
ヘッドを感じるだけ、ぐらいの感覚になれば良いはず・・・。

M6アイアンは簡単というが、軽くなったので、とにかく脱力しないと当たらない。
かえって慣れるまでは難しいのではないか???
それが「脱力」(「このぐらいの振り」)度合いの習得に直結するように思う。

最初よりも肩の力を抜いて・・・。まずはPW。
 ヒューマンPW⇚クリックで動画へ

同様に、7鉄。最初の力が入った時とかなり違った結果に。
力が入っている時は、「打感」ではなく、「ガツン」ばかりだが、
脱力が出来ると、普通に前に曲がらずに飛ぶ。
このオフはこればかりだな・・・。
 ヒューマン7鉄⇚クリックで動画へ 

シャフトをディアマナRF50(SR)に替えて初めて打つ。
 syoballさんのように、ウッドは「ボールの手前にハンコ」で打つと、しっかり当たっているようだ。
このシャフト、いいんでないかい?
ホームのコラソンで改めて確認したい。
 ヒューマン5W⇚クリックで動画へ

DR。
これもG410のときと全く振りは違う感覚(自分のイメージでは)。
トップからフィニッシュまで同速度、のイメージ。
 ヒューマンDR⇚クリックで動画へ 

翌日もコラソンへ行ってはみたが、風で2階がクローズのせいで混んでおり、
クラブのバランス測定のみで帰宅。
測定結果は、
アイアンはほぼD2。
5WはD1弱。7WはD2。5Wは微妙に鉛貼りが必要かも。
グリップ側に鉛を4g貼ってバランスは変えずに総重量を300gにしたDRだが、カタログ値と変わらずにD2.5
簡便法でやってみたのでかなりザックリと思っていたが、測定すると意外に正確だったようだ。

(閑話休題)
シブコがもし優勝したら、G410plus(DR)のリセールバリューが上がる、と邪推してしまう・・・。
ピン契約プロは425にしている人が多いようだが、425(シブコ)本人は海外遠征で変更できなかった?
でも、またこれで結果が出たら・・・。
ファーストモデルが当たった場合(よく出来た場合)は、セカンドモデルはなかなかそれを超えられない、
とよく言われるが、実際にG425はG410までは・・・という声も聞くし・・・。
 
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ 2020/12/13 練習 | CM(3)

こんにちは。かわせみ!です。
自分は圧倒的にG425だと思います。
SFT比較ですが。。。G425SFTの短い重心距離と浅重心はフェイスも返りやすくて扱いやすいですね。。。
浅重心のお陰か。。。ランも出て飛距離も出る感じがします。。。スリーブはフラットの-1度ですが。。。
G425はSFT、MAX、LSTの差がわかりやすくなったのではないかと思います。
G425SFTを使い始めてから。。。G410SFTは使う気もなくなるぐらい気に入っております。。。
ただ。。。G425MAXは。。。お尻重すぎで。。。自分には合いませんでした。。。
[ 2020/12/14 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

かわせみ!さん、
いつもどうも有難うございます。
そうなんですね。
[ 2020/12/15 ] [ 編集 ]

私は、ウケをねらって、クリーブランドクラシックドライバーを購入しました!
M5ツアにまったく不満がないにもかかわらず・・・真面目すぎるな~と感じて(笑)
[ 2020/12/15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する