fc2ブログ











どちらのウェッジを選択するか・・・

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

左はフォーティーンDJ5、右は東邦ゴルフ軟鉄鍛造荒仕上げSW。ロフトはどちらも56度。
ただバウンスはDJ5が「8度」、東邦は「14度」。
この2機種が自分のバウンスに対する凝り固まった概念を壊せるかどうかの分岐点のように感じる。

いろいろな書き込みでも、小さなバウンスでも開かないでバンカーが出る、というコメントがいかに多いことか・・・😕
実際のところは、ラフやバンカーで打ってみないとわからない🤷

2つを比較すると、DJ5のソールには真ん中近くにコブがあるのに気付いた。
そのコブがトゥ側とヒール側より少し飛び出しているように見える。
いわゆる、山型ソール的・・・?それも微妙な・・・。
ソール幅が広そうで、実は接地面が意外に東邦に比べ狭いのかも。
そしてボディも少しカーブしているような・・・。
それに比べ、東邦は一面スルッと。
DJ5、東邦比較1

DJ5のリーディングエッジ部分はずいぶんと削られ、歯が前から滑りやすくなっているということか・・・。
ロブの時などボールの下に入り易くなって効果を発揮するかも(今までの練習では感じたことが無いが)。
こういった違いが、バウンスの小ささを補っているのかもしれない・・・😞
DJ5、東邦比較2

そしてやはりDJ5はシャフトが軽く柔らかい。軽くてももう少し硬くても良いのかもしれない。
実際にラフやバンカーで打ってみないとわからないんだろうなぁ。

ウェッジ用では、三菱ケミカルOT75はRで75g、アッタススピンウェッジIPなどもある。
ただ、今のフジクラMCI85MILDも捨て難い。悩ましい😔
もう少し試して、DJ-5のシャフトをウェッジ用で硬めにするというのもあるかもしれない。
因みに予習を・・・😋

ATTAS SPINWEDGEIP for wedge:88g、トルク3.3、中調子。(シート巻き数を増やして捻れを少なく)
三菱ケミカルOT75(R)(PW用):74g、トルク2.9、中調子。
三菱ケミカルOT75(S)(PW用):80g、トルク2.8、中調子。
三菱ケミカルディアマナ・サンプ・アイアン85R(PW用):83g、トルク2.4、元調子。
三菱ケミカルディアマナ・サンプ・アイアン85S(PW用):87g、トルク2.4、元調子。
フジクラ MCI85WEDGE・MILD:88g、トルク2.5、中元調子【東邦wedge現行】
グラファイトデザイン RAUNE:85g、トルク2.4、中調子。
FOURTEEN DJ-5(カーボン):65g、トルク?、中調子。

こう比較すると、ダントツにDJ-5(カーボン)が軽いのは明白。
万が一、ラウンドが出来て、非常に良かったら、リシャフトも真剣に考えるかも。
狙うウェッジなので、微妙に硬めであまり重すぎない、元調子のがよいのかも。
フジクラのMCI85WEDGE・MILDでも構わないが、
三菱ケミカルOT75(S)や三菱ケミカルディアマナ・サンプ・アイアン85R(PW用)なんか良さそうかも。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ 2023/03/20 武器 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する