fc2ブログ











厳しいリハビリラウンドの効果は・・・

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

ラウンド当日は、終了後の風呂に入るときの着替えや歩くのがとても辛い。
転ばないように慎重に湯舟に入る。
そして、湯舟の中で足を伸ばして、自分で入念にマッサージする(特に右脇腹から横腹、右膝)。
もちろん、入浴後は「デーチカ」を痛い部位に塗る。

すぐその効果は出ないが、帰宅して(例えば)近隣に外食に出かける時に、ラウンド中より歩けるようになる。
帰宅時も歩きだが、そうは言っても、何とか戻ってこれるくらい。
そのまま安静に過ごし、寝る前に再度「デーチカ」を塗布、すぐ就寝する。

「厳しいリハビリラウンド」の効果が感じられるのは、翌日起床してから。
脚(右膝硬直)は少し和らぎ、歩き易くなる。
弱った筋肉(マヒ期間と入院で)が少しは活性化されるのだろう。
ただ、右脇腹も少しは和らぐが、基本的にはあまり変わらない。これが辛いのだ。

結局、ラウンド中もそんなに楽しい訳ではなく、
特にカートとボールが離れてしまった場合などはクラブを杖替わりにして、のんびりゆったり歩くしかないのだ。
バンカーも入っていける場合と、不自由な脚ではあまり無理が出来ないので諦める場合とに分かれる。
なるべくバンカーには入れないように狙って打ってはいるが・・・。
ただ意識していると、また飛ばないので、あまりバンカーには入っていないような記憶だが・・・。

普段は、仕事が終わって帰宅して、スーツやYシャツを脱ぐ時が一番辛い。
午後に入って、だんだんと右脇腹が痛くなってきて帰宅するので、痛みが頂点近くになるのだ。
服を脱いでシャワーに向かう・・・この一連の動作の時が一日で最も辛い時。

でもそれを我慢して、さっぱりした後に、服薬(トアラセットやリボトリール、疎経活血湯など)とデーチカ塗布で少し落ち着くのだ。
とし井ちゃんラーメン朝ラー1とし井ちゃんラーメン朝ラー2とし井ちゃんラーメン朝ラー4
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ 2023/08/01 雑感 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する