fc2ブログ











ラウンドを振り返って反省点・・・

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

先日のアイリスで、5番(PAR4)の谷越え、6番(PAR4)の谷越え、9番の湿地越え(PAR5)が大きな鬼門であり、
ここをパーからボギーでクリアできれば、スコアはまとまるはず。
そして、ドライバー(特にEPIC MAX FAST)に自信がつく。

5番348Y、PAR4 5(2)
 ・振り子でゆったり振ったらDRは最高の当たり😄余裕で谷越え、3打目9鉄で乗せ2PT。
 ・病後でA地点まで行ったことはほとんど無く、大体がB地点。B地点はレディスティであり、
  周辺もラフが深く、2打目であまり上手く打てる地点ではない。
  今回はそれまで振り子のタイミングに合わずに、大振り、過去のスイングに戻りかけだったことに気づき、
  ゆったり振り子に合ったタイミングで打てた。やはり、道具に合った適正なスイングの速さは存在すると実感。  
 アイリス5番21

6番376Y、PAR4 6(1) B
 ・ここは5番ほどゆったりのドンピシャタイミングでは振れず、谷は越えたが右ラフだった。
  ゆったりのドンピシャタイミングで振れれば、B地点までは行きそうなきがするが・・・。
  前の山の斜面がギリギリになるので、上手く4UTで斜面スレスレに上手く打てたが、
  FWを狙ってもっと右に打ち出すのは不可能。
  打った本人はFWに打ち出せた、と思ったのだが、やはり前の斜面が効いていて、
  何とかFW左バンカーで止まってくれた、というのが実感。
  ただ、ここでの成果は、6鉄でボールの赤道を打ち(トップめ打ち)、砲台G前まで飛んだこと。
  やはりフェアウェイバンカーは、ボールの赤道打ちだと大体がボールも上がって前に飛んで脱出できるのだ。
 ・いつも左ラフで苦しむが、バンカーからG前まで行ったのは上出来。でもここでもSWが抜け過ぎてしまったが・・・。
 アイリス6番21

9番477Y、PAR5 7(2) FW
 ・「鬼門の湿地越え」は、クリークをわたる橋を「ボールが渡って(A地点)」左ラフ、5Wでゴロ、
  5WFW、4UTで砲台Gの右斜面途中、SWオンで2PT。
 ・ここも、ゆったりのドンピシャタイミングで湿地越えのFW左端(ラフでも可)を狙えれば、
  ロングといってもその後はあまり距離は残っておらず、丁寧に攻めればボギーぐらいでは抑えられるはず。
 アイリス9番21

関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ 2023/10/09 雑感 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する