fc2ブログ











後発白内障手術の様子と結果・・・

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

まずは、散瞳する薬を点眼。十分に散瞳したら、
暗室に入り、レーザーの機会の前に座って位置を合せて、点眼麻酔を行なう。
そしてレーザー用のレンズを眼にはめ、片眼ずつレーザーを何発か照射していく。
まるでシューティングゲームのように先生が「プシュン、プシュン」と何発も打っていくのだが、
眼に光が当たっているだけで、全く痛さや感覚などは感じられない。

両眼が終わると、消毒用にの点眼を終えたら、暗室を出て、30分後に診察するまでじっと待っている。
既にこの待っている時に、今まで靄がかかっていたような左眼はハッキリと見えるようになっていた。
右眼は散瞳の薬で眩しさと、そもそもボケている感じがそのままだった。

時間が経って、また診察に入り、眼を覗かれ問題が無かったので、
あとは1週間プラノプロフェン点眼液(消毒、感染防止)を処方され、
これを1日4回両眼に点眼すればよいだけだ。
ただ、散瞳薬は強力で、午後まで眩しさは残ったため、何もせずに家でじっとしていただけになってしまった。
時たま、飛蚊が飛ぶように見えたときもあったが、想像していたよりは全然少なかった。
                   (出典:新江古田いわた眼科HPより)
 後発性白内障切開術

 一晩寝て起床すると、右眼も前日よりはマシになり普通通りに(といっても黄斑円孔変わらず)、やって良かったと実感した。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ 2024/04/15 雑感 | CM(2)

オペお疲れさまでした。
成功され、良かったです!!
[ 2024/04/15 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

さすらいさん、
いつもどうも有難うございます。
後発白内障のレーザーは、普通の白内障手術に比べ簡単なんですね。
左眼が見えるようになって、気のせいか少しパターが入ったように思います。
[ 2024/04/16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する