fc2ブログ











新SW初打ち、そしてFW調整・・・

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

出たばかりのPINGのi WEDGEを買ったが、早速練習に・・・。
打って驚いた!この打感!「Golf Classic」の11月号にも出ていたが、実際に打ってみてこんなに気持ちのいい打感は珍しいのではないだろうか?ヘッドはステンレスの鋳造だが、大変柔らかく、スピンも適度に効いているようだ。開いて打ってもよくボールが上がる。PINGらしく少しグースが付いているが、開くのに邪魔にはならないし、もちろんボールを掴まえ易い。グース気味で開き易いというのも面白いなぁ、と思う。
ライ角もスタンダード(黒)だと64度だが、-1フラット(赤)の63度にしたのが、また良かったような気がする。
シャフトは「CS Lite」というが、トゥルーテンパーのS。これもなかなかいい感じ。
テーラーのrac SATIN TPよりかなり柔らかい感触。
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=10G00T+APSWS2+5WS+C28PV&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmaou%2F738239%2F

次に鉛を貼って調整したFW。ヘッドの底に5gの鉛を貼っていたが、どうも右にすっぽ抜ける感じが続いたので、工房さんに相談したら、グリップ下にも同じ重さ分の鉛を貼りなさい、ということで、貼って行ったが、さすが、その通り!球筋が
真っ直ぐになり、球の勢いも強くなった。
ヘッドを効かせようとしたつもりだったが、総重量を重くしたほうがDRとのバランスも取れて、きちんと飛ぶようになったようだ。確かに総重量を重くするには、シャフトにも同じ重さの鉛を貼らないといけないのは鉄則だった。忘れていた・・・。
得意のFWに自信がなくなりかけていたところだったので、これで復活できると思う。

それからEZ PIARMも打ったが、ほんの少しだけヒールに近いところで打つと、凄くいい球が出ることを発見!
このクラブはヘッドが長いので、ラフで使うのではなく、フェアウェイで距離を出すとき、特に球が高く上がるので、長いところからグリーンを狙うのに最適だと思う。

これに今、配達中のあるユーティリティが加われば・・・。あっ!
バイト
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ 2006/10/18 練習 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する