fc2ブログ











石狩川江別ゴルフクラブでのラウンド

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

朝、起きたときは晴れそうだったが、同伴者を車で拾い、ゴルフ場に行く途中は土砂降りの豪雨天気予報では6~9時の雨の確率が50%だったが、こんなに降るとは・・・。しかし、ゴルフ場に着く頃には小雨になり、スタートする頃にはほとんど止んで虹が出た!何というラッキー!このまま河川敷特有の風が吹かなければいいが・・・。

そう思いながら8時前にアウトスタート。
1番ロングの2打目。7Wで打ったら、かなり右にふけて飛んで行った。得意のFWが当たらない?あまりヘッドを感じなかった。しかし、何とか1パットでボギー。
2番ロングもボギー。
3番ミドルはFWキープの後、9Iで打ったら右から巻いて、それもかなりグリーン手前の花道に落ちたはずだが(ボールを最後まで見なかった)、近くまで行ったら、何とかなり近い!完全に右にすっぽ抜けたと思っていたが・・・。これを1パットで沈め、バーディー
4番ショートは2パットで何とかパーこの辺りまでは同伴者皆がボギーペースで、大変締まったラウンド。やはりこういうラウンドがいいなぁ
8番ミドルではドライバーをやや引っ掛け、隣のホールからリカバリーで7Iで打って前へ行ってみたら、何と2オン距離はもっとあったと思うんだが、またフェアウェイで転がったのかも・・・。

そんなこんなで結局前半は42と、ハーフセカンド・ベスト・タイ
前回もそうだったが、ここはキャディさんが素晴らしい
今日のキャディさんは、後で聞いたらシングルの腕前。道理でアドバイスが的確だと思った・・・競技がよく行なわれる倶楽部なので、よくゴルフがわかっているという印象。この感じ、大切にして欲しい。

後半インはややつまり気味。そして前半に比べ、ややトリッキーな構造。
10番ミドルは2打目をトップでグリーンオーバー。返しは下りでカップが見えない位置。これをSWでフワリと上げ、下り坂にうまく乗せて、カップそばまで転がし、1パットのパーを奪取
しかし12番ミドルは、ドライバーを引っ掛け(しかしバカ当たり)、前半終り近くのショート7番の池まで飛んでど真ん中へペナルティで打ったら、また池へ結局このホールは「9」の大叩き
しかしここで崩れないのが今年の進歩
その後は全部パーかボギーで廻った。特に15番ショートの長いパーパットと16番ロングの中ぐらいのパーパットは「凌いだっ!」という感じ

後半は46で、合計88でパットは32。これで今年4回目の80台
しかし今日強く感じたのが、得意のフェアウェイウッドが右にふけ気味で飛ぶあまりヘッドを感じない。新しいUT「BEAB Z」はトップばかり{/down/}あの良い弾く感触はどこへ行ったのか?やはりEZ PIARMのほうが安定しているようだ。少しシャフトを短くしてみるか・・・。
一方で、アプローチが好調で、SWも打てるようになってきた。
今日は、「アプローチとパットで凌いだラウンド」の印象が強く残った。
リゾートバイト<br>
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ 2006/10/15 ラウンド | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する